奈良

ガイドブックも食べログも不要!旅のおすすめ情報は、ゲストハウスでゲットする!

アラフォー主婦の奈良ひとり旅、最終日は古代を感じる明日香村(あすかむら)へ。

▼奈良ひとり旅、一日目&二日目はこちら。

きょうは、「ガイドブックも、食べログサイトも不要!旅先の最新のおすすめ情報は、ゲストハウスで手に入れる」について書いています。

奈良 明日香村で古代史跡をめぐる

奈良公園のある近鉄奈良駅から、二度の乗り換えで、飛鳥駅へ。

キトラ古墳「四神の館」

駅から周遊バスで5分、世紀の大発見だった「キトラ古墳」の資料館、「四神の館」。

一年前に開館したばかりのピカピカの施設で、中は、キトラ古墳のかの有名な壁画や内部構造を、わかりやすく体感できる展示になっています。

壁画の実物公開が予約制で行われていて、大人気だそう。

こちらのページから申し込みできます。タイミングが合えば、ぜひ実物を見てみたかった!

資料館の裏山には、キトラ古墳が再現されています。

田んぼにポツンと「亀石」

いったん飛鳥駅へ戻り、バスを乗り換えて、「亀石」へ。

蘇我氏ゆかりの「飛鳥寺」と「入鹿首塚」

再びバスに乗り、「飛鳥寺」へ。

橿原神宮駅へ

この明日香村の周遊バスのメインコースは、近鉄橿原神宮駅が終点なので、好都合。


ここから近鉄で一気に京都駅まで出て、東海道新幹線で帰路につきました。

明日香村は、古代のおおらかな空気を感じられる、とてもすてきな場所でした。

まちの生きた情報は、ゲストハウスで手に入れる。

わたしは、旅が好きです。

でも、行く先で訪れる場所や食事処について、あらかじめ調べて出かけて行くことは、ほとんどありません。

だって、宿泊するゲストハウスのスタッフさんにちょっと尋ねれば、

おいしいおいしいお店も、

ここに行くとすごくいいよ〜という場所も、

どんどん教えてくれるから。

その中から、その時の気分で選んでみる。

そのまちのナマの情報は、そのまちのプロ、ゲストハウスのスタッフさんからもらうのがいちばんです。

▼ゲストハウスは、ここで探して行くことが多いです。値段や設備で絞りこんでの検索が、とても便利。



3月に家族で行ったイタリアバックパック旅行も、こちらでゲストハウスを予約していきました。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。