奈良

【会いたい人には、会いに行く】奈良の大人気スポット 薬師寺と唐招提寺めぐりは、会いたかった人とご一緒に。

アラフォー主婦、奈良へひとり旅してきました。

▼一日目の様子&わたしが旅する理由のお話はこちら

▼二日目午前中の様子&わたしのあたまが空っぽなお話はこちら

きょうは、「奈良の人気寺社めぐりを、会いたかった人とご一緒に。会いたい人には、会いに行く。」について書いています。

薬師寺へお坊さんのお話を聞きに行く

奈良ひとり旅、2日目、午後。

お坊さんによるお話が超面白いと有名な、薬師寺へ。


東京から修学旅行できたという中学生への説話会に、お邪魔させていただきました。

お話が始まればまあ、こちらのお坊さん、学生さんの扱いのうまいことうまいこと。

簡単ではない年ごろのはずなのに、男の子も女の子も、お坊さんのあしらいに乗ったり反ったりしながら、首ったけで話に聞き入っていました。

最初はツッコミ漫談みたいな雰囲気だったのが、

「ひとはみんな誰かのおかげで生きている。そこへの感謝の気持ちは絶対に忘れてはいけない。」

という説法モードに、いつの間にかスイッチ。

オモシロ話に引き込まれているところにズバッと繰り出されたありがたいお話に、不覚にもホロリと涙がこぼれそうになりました。

年齢とともに、「おかげさま」の大切さが身にしみて来ているところなので、ああ、そうだなあ、と実感を伴ってますますありがたく感じられるんですよね。

大人になるって…、悪くないです。

はじめての唐招提寺をご一緒に

その後、薬師寺のすぐそばにある、唐招提寺へ。

そう、薬師寺と唐招提寺めぐりにはじまるこの日の午後は、大先輩ブロガーの原田さよさんとご一緒させていただいていました。

わたしが挙げた行きたいところの候補に合わせ、わざわざ足をのばしてここまで来てくださいました。

「薬師寺の説話会、はじめて!」「唐招提寺、来るのもはじめて!」「駅前、ひっっっっさしぶり!」と目を白黒させているさよさんとご一緒する奈良巡り、楽しかった!

ゲストハウススタッフさんオススメ店「鬼無里(きなさ)」で乾杯!

さよさんと夕食をご一緒しようとお話ししていたので、わたしが宿泊していたゲストハウスで、食事をするのにオススメのお店をあらかじめ教えてもらっていました。

近鉄奈良駅そばの「食遊 鬼無里(きなさ)」


ゲストハウスのスタッフさん曰く、「野菜たっぷりのおばんざいと、お酒もいろいろたくさん置いてあって、どれもハズレ無し」とのこと。

店内にはいると、手作りのおばんざいの大皿がずらりと並んだカウンター。

選ぶのにも迷うほど。

青菜の煮びたし、里芋の煮っころがし。

ポテトグラタン、オクラの明太子和え。

どれもすごくいい味で、美味しかった。

ビールで乾杯し、おいしいおばんざいをつつきながら、初対面にして尽きせぬ話。

  • 病気について
  • 苦しいこと、悲しいこと、受け止めてきたこと、受け止めきれずにいること
  • そこから踏み出す一歩
  • 人生で様々に起きることとの向き合い方…

ものすごく濃い時間、ほんとうに楽しかった。

会いたい人に、会いに行く

今回さよさんとお会いすることになったのは、数ヶ月前のツイッターのやりとりから。

えええ!

そんなこと言ってもらって!

わたし、

行っちゃうんですよ、

わりとほんとに。

「行きたいところに行ってみる」

「やりたいことはやってみる」

そして、

「会いたい人には会いに行く」。

つなげていただいたご縁のありがたさに、感謝です。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。