横浜

【横浜一日観光】野毛のパワースポットから赤レンガ倉庫、湾内一周ベイクルーズへ!

横浜野毛から赤レンガ倉庫パワースポットおすすめ散歩コース

先日ふらりと訪れ宿泊した、横浜のおしゃれでカワイイ古民家ゲストハウス「futareno(フタレノ)」。

 

翌日、本格スリランカカレーのランチを挟みつつ、横浜をぐるりと観光してきました。

 

のんびりまわった横浜一日おさんぽコースをご紹介します。

ゲストハウス「futareno(フタレノ)」から野毛さんぽ

野毛山公園を散策

ゲストハウスから徒歩5分。
www.hama-midorinokyokai.or.jp
「野毛山公園」に着きます。

 

一般的には、無料の動物園「野毛山動物園」で有名な公園ですが、

 

開国を提唱した佐久間象山の記念碑や中村汀女の句碑があったり、
f:id:rhinocero:20171221225153j:image

 

文明開化の時代の水道やガス灯の歴史が詰まっていたり。
f:id:rhinocero:20171221225217j:image

 

手前の「散策地区」から奥の「展望地区」へ進むと富士山がのぞめたり、
f:id:rhinocero:20171221181934j:image

 

みなとみらい地区を一望できる展望台があったり。
f:id:rhinocero:20171221182005j:image

 

公園をぐるりとまわって1時間。

 

犬のお散歩をするひとたちのおしゃべりの輪や、道の落ち葉かきをするご老人に道行く住人が話しかけたりする様子があちこちで見られ、コミュニティの豊かさを感じることのできる気持ちのいい散策路でした。

成田山横浜別院延命院で護摩行

野毛山公園からゲストハウス「フタレノ」のある小路へ戻ります。
f:id:rhinocero:20171221182040j:image
もともとこの小路は、「成田山横浜別院延命院」というお寺の参道だったとのこと。

 

数分で坂をのぼりつめると、成田山。
f:id:rhinocero:20171221182105j:image
視界がぱっと開け、お寺の向こうはみなとみらい。

 

このミスマッチ感が横浜!

 

このお寺では、まいにち9時、11時、13時に「護摩行(ごまぎょう)」をおこなっています。

 

その「護摩行」を無料で見ることができるとゲストハウスで教えてもらったので、9時の回にあわせて訪れてみました。

 

余談になりますが、わたしは実家にお仏壇があり日常的にお経を唱えていたので、禅宗独特の重々しい般若心経が染みついています。

 

ところが今回、成田山の護摩行で聞いた般若心経はそれとはまったく違っていて。

 

「かんじーざいぼーさつ…」と読経がはじまった途端、

 

デンデンデンデン/

 

デンデケデンデン/

 

デンデケデケデケ/

 

デンデンデンデン!/

 

と、ものすごいリズムで太鼓が鳴り出したのにビックリ!

 

途中ほかの仏具の伴奏もまじったりしながら、不動明王の像の前でお坊さんがボーボーと火を焚いている。

 

あまりにロックでファンキーな読経に度肝を抜かれました 笑。

 

写真撮影が不可でしたので、画像は残っていませんが、いや、実に興味深かった。

 

▼まさにこんな感じ。9分あたりからどうぞ。デンデンデンデン!


4K 高野山 真言密教護摩焚き Shingon Esoteric buddhism Homa in Koyasan

ちょっとクセになってしまい、11時の護摩行にも参加しようかと思ったほど。

 

おススメです!

パワースポット 伊勢山皇大神宮

成田山の奥に歩みをすすめると、今度はおおきな神社が。
f:id:rhinocero:20171221182154j:image
「伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)」という立派なお社です。

 

「提灯屋形」という建造物を鳥居の前に建設中。
f:id:rhinocero:20171221182216j:image
足場の隙間からのぞきみるかぎり、宮大工さんたちの手でとても精緻につくられているようなので、完成した姿はさぞ素晴らしいだろうと想像されます。

 

ここからも、みなとみらいのランドマークタワーを仰ぐ。
f:id:rhinocero:20171221182257j:image
横浜の伝統と現在を、合わせ見ることができます。

 

この「伊勢山皇大神宮」、どうやらパワースポットとしてとても有名な神社らしく、たしかに境内へ入ってみると空気がちがうのです。
f:id:rhinocero:20171221182328j:image
f:id:rhinocero:20171221182334j:image
f:id:rhinocero:20171221182342j:image
すっきりと、すがすがしい。

 

お年始のお詣りに良さそう!

野毛「KIKUYA Curry」で昼食

野毛の有名カリー店「KIKUYA Curry(キクヤカリー)」でランチをとりました。
www.n00life.com
野菜たっぷりでスパイシーで美味しかった!

関内から馬車道、赤レンガ倉庫へ

ランチ終了後、12時すぎに野毛を出発。

 

前夜に「コッコ堂」で絶品やきとりをたのしんだ「都橋飲食店街」の昼間のようすをながめつつ、関内へてくてく。


やきとり、おいしかったなあ…。

 

関内から赤レンガ倉庫へ向かう途中の馬車道で、生チョコ発祥のお店「SILS MARIA(シルスマリア)」の前をとおりかかり、飛び込んでみました。
www.n00life.com
生チョコ、おいしかったなあ…。

 

馬車道の街並みを抜ける。
f:id:rhinocero:20171221225633j:image
あちこちに外国風の建物がみられます。

 

そうして到着した赤レンガ倉庫はこの時期、クリスマスマーケット開催中でした。


倉庫の外に、雑貨やお菓子、飲食のおしゃれな屋台がずらり。

 

いつもにまして美味しそうなものであふれていました。

 

野毛から赤レンガ倉庫まで、ゆっくり歩いて40分ほど。

 

クリスマスマーケットは期間限定ですが、到着した赤レンガ倉庫にいろいろあるカフェでお茶を一杯、ぐらいがちょうどいい感じのおさんぽルートです。

赤レンガ倉庫 横浜クルーズ

赤レンガ倉庫から海側にでたところに、船着き場があります。

 

ここから発着する45分間のベイクルーズは、陸からだけでは絶対にみられない横浜の風景にたくさん出会えるので超おすすめ!
http://www.yokohama-cruise.com/
おとな1,200円です。

 

普段見られないこんな角度からベイブリッジを楽しめるし、
f:id:rhinocero:20171221224622j:image

 

「キリン」の群れをこんなに近くで見られるし、
f:id:rhinocero:20171221182532j:image

 

みなとみらいの向こうに富士山が浮かぶのを拝むこともできたし、
f:id:rhinocero:20171221182551j:image

 

ペリーが黒船を停泊した「ペリーポイント」の陸への距離の近さに、昔の人の震え上がった気持ちがなんとなくわかったし、
f:id:rhinocero:20171221224641j:image

 

ドラマ『海猿』の舞台にもなったという海上保安庁の船など、めずらしい船もいっぱいみられる。
f:id:rhinocero:20171221224700j:image

 

視点がかわることで初めて見えてくる景色ってたくさんあるんだなあ、と実感できるクルーズです。

おわりに

今回、わたしは宿泊していた野毛のゲストハウスからスタートしましたが、どのスポットもJR桜木町駅からほど近いので、宿泊なしで日帰りでぐるりと回るにも楽しいコースになると思います。

 

文明開化の時代の息吹を感じる公園、横浜の歴史を感じる寺社仏閣、横浜のいまを感じるベイサイドをぐるりと回れる、一日のんびりおさんぽコース。

 

楽しかったです!ぜひどうぞ!

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。