シンプル思考

【ラクに、オシャレに】みんなで集まるパーティー!気軽に楽しむためのコツ5つ。

毎年恒例、クリスマスパーティー

この週末は、夫の親兄弟家族がわが家に集まり、クリスマスパーティでした。

 

毎年、十数名での集まりになります。
f:id:rhinocero:20171224183146j:image
各家庭ごとに数品ずつ持ち寄ったものをテーブルにどんどん並べ、めいめい好きなようにお皿に取り分けていただきます。

 

ワインやジュースを空けつつ、みんなでワイワイ楽しんだ宴の跡…。
f:id:rhinocero:20171224184424j:image
うーん、どれも美味しかった!

 

ハッピークリスマス!

ラクラク&オシャレなパーティーのコツ5つ

クリスマスに限らず、みんなで集まるパーティーを少しでもラクに、でもそこそこオシャレに特別感を持って楽しむために、わたしが意識していることが5つあります。

① それぞれ数品ずつ持ち寄りにする。

多めの人数で集まるときは、数品ずつの持ち寄り形式に。

 

あらかじめメッセージをやりとりし、それぞれ何を持ってくるかを連絡しあって決定します。

 

迎える側のわたしはそのバランスを見つつ、自分のレパートリーの中から、作るものを考えます。

 

ホスト側としての負担を軽くするだけでなく、それぞれの十八番メニューへの期待も膨らみ、楽しみになります。
f:id:rhinocero:20171224185304p:image
今回のテーブルにのぼった、義弟のスパイシーなミートソースニョッキと、義母のかぼちゃとローストチキンのサラダ。

 

写真を取り忘れましたが、義弟のもう一品はフェトチーネのカルボナーラ。

 

義姉のお得意、ビーフシチューと、さっぱり鶏手羽肉の煮込み。

 

どれもこれも、とびきり美味しかったです。

② 作り慣れたものを、ちょっと品数多めに作る。

今回わたしが作ったのは、たっぷりグリーンサラダ、豆とセロリのマリネ、ポテトサラダ、生ハムなどの盛り合わせと、かぼちゃの塩煮。
f:id:rhinocero:20171224183602j:image
幾度となく作っているものばかり。

 

持ってきてくれるお料理が、お肉系が多かったので、野菜多めで組み立てました。

 

迎える側として、食事が足りないことがないように少し多めに用意しますが、作り慣れたものなら品数多く作るのも苦にならず、失敗もありません。

③盛りつけをダイナミックにする。

大皿に高く盛りつけたり、周りにグリーンを敷き詰めたり、器を組み合わせて高さを出したり。
f:id:rhinocero:20171224191120p:image
普段よりダイナミックにしてみます。

 

それだけで、いつものメニューも手軽になんとなくパーティーっぽくなります。

④テーブルクロスを使う。

いつものテーブルに一枚布をかけるだけ。
f:id:rhinocero:20171224190342j:image
それだけで、テーブルまわりの雰囲気がガラリと変わる。

 

ことしは、大きいテーブルにリンドベリの赤いクロス「LUST GARDEN(ラストガーデン)」、奥に出したアウトドアテーブルにはスコープの白いクロス「KIRO(キロ)」を掛けました。

 

一気にパーティーらしい特別感が出ます。

⑤お皿は普段使いのもの、お箸とナプキンは使い捨てで、気兼ねなく。

めいめいの取り皿は、いつも使っている20センチほどの中皿と15センチほどの小皿、お椀やボウルを組み合わせて使う。
f:id:rhinocero:20171224184835j:image
テーブルクロスが大きく雰囲気を変えてくれているので、食器は普段のもので十分です。

 

それに加えてお箸は割り箸、ナプキンは紙ナプキンにし、みんなが気兼ねなく使えるように。

 

洗い物を減らすこともできます。

おわりに

パーティーを、ラクにオシャレに楽しむコツ5つ。

  1. それぞれ数品ずつ持ち寄りにする。
  2. 作り慣れたものをちょっと品数多めに作る。
  3. 盛りつけをダイナミックにする。
  4. テーブルクロスを使う。
  5. お皿は普段使いのもの、お箸とナプキンは使い捨てで、気兼ねなく。

クリスマスに限らず、大人数のパーティーを気軽にたのしむために、意識していることです。

 

▼普段にも、人が集まる席にも、とにかく使いやすい食器。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。