がんからの回復

【骨粗しょう症 大改善!】治療開始から3年、骨密度が爆上がりしました。

骨粗しょう症治療開始から3年、経過レポート

先日、骨粗しょう症の定期検診に行ってきました。

1年ぶりに骨密度を測定したら数値がかなり良くなっていて、主治医の先生もびっくり!

骨粗しょう症の治療開始から3年経ったいまの状態を記録しておきます。

▼まずはぽちっと!「いいね」がわりにクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

骨密度(腰骨)があがった!

今回の測定で、腰骨部の骨密度が71%を超えた。

骨粗しょう症治療開始から3年、経過レポート

腰骨か大腿骨のいずれかの骨密度が70%を下回ると骨粗しょう症という診断となるため、数値的にはもう「骨粗しょう症ではなくなった」ことになる。

1年前の測定値からは、+4.6%。

3年前にはじめて測定したときのベースラインからはなんと、+29.6%!

骨粗しょう症治療開始から3年、経過レポート

これには主治医の先生もびっくりで、カルテを記入しながら

「29%アップ…すごいな…」

とニコニコがおさえきれない様子だった。

現在受けている骨粗しょう症治療

わたしが現在受けている骨粗しょう症関連の治療は、下記の3点。

  1. ビタミンD錠剤(アルファカルシドール1.0)を毎朝1錠服用
  2. ホルモン補充シール(メノエイドコンビパッチ)を週2枚貼付
  3. 骨吸収抑制薬(プラリア皮下注)を半年に一度接種

①②は自宅で。

骨粗しょう症治療開始から3年、経過レポート

③は病院で。

今後の骨粗しょう症治療

数値的にはもう、腰骨も大腿骨も骨粗しょう症とされるラインを越えて回復してきているけれど、今後年齢を重ねていくことを考えると、もう少し治療をつづけつつ経過を観察したいとのこと。

結果は出ているので、現在の治療をこのまま継続予定。

※2019年11月から2020年10月までの1年間に接種していた骨形成促進薬「イベニティ」は12回までという回数制限があったけれど、現在接種している骨吸収抑制薬「プラリア」はそういった制限がないため、どこまで続けるかは今後の数値の推移次第。

おわりに

骨粗しょう症であることが明らかになった当初は、骨がボキボキ折れるようになって、立てなくなって、寝たきりになって、どこにも行けなくなったら悲しいなあと思ってた。

治療を開始して3年。

こんなふうに数値が上がってくるとは、正直あまり考えてなかった。

骨は丈夫であるに越したことはないので、これからも医療の力をかりながらこつこつと改善させていきたい。

おまけの話

骨密度の検査結果に大喜びしてる主治医に、ちょっとだけアピールしてみた。

10㎏背負って踏み台昇降、あいかわらずやってます。

小松菜も、あいかわらず食べてます。

運動も、食事も大事!

▼お読みいただきありがとうございました。ブログ村ランキングに参加しています。下の四角いボタンをクリックして応援していただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

▼その他のブログランキングです。テーマごとにランキング順でご覧いただけます。

シンプルライフブログランキング

ミニマリストブログランキング

片付け・収納(個人)ブログランキング

error: Content is protected !!