コスメ

「グレイヘア」への土台づくり! スムーズな白髪育てを目指す、40代のヘアケアアイテム3つ。

白髪染め、まつエク、ネイルはしません。
www.n00life.com
一度始めると、それからずっーーーと続けなくてはいけないような気持ちになるかもと考えただけで、ずぼらなわたしには重すぎて…。

 

わたしに限らず、ここ1年ほどで「白髪を染めない」というムーブメントが、社会的にとても大きくなってきている感じがします。

「白髪」ではなく「グレイヘア」という表現も十分定着してきていますし。

 

きょうは、わたしがこの先の「グレイヘア」へのスムーズな移行をめざし、現在使っているアイテム3つをご紹介します。

白髪育てアイテム3つ

「えがおの力」(旧名「松の力」)で、コシをアップ

自然由来の洗剤「えがおの力」。
www.eco-branch.jp
以前は「松の力」という製品名でしたが、含有成分の表示問題などをクリアにした上で、「えがおの力」としてあらたに生まれ変わっています。

 

希釈度によって多目的に使える洗剤なので、わたしはこれを4倍希釈したものを泡ポンプに入れ、シャンプーとして使用。

 

これ一本だけで、ほかにリンスやコンディショナーなどは一切使用していません。

 

わたしはもともと髪が細くてコシがなく、ふにゃふにゃした髪質。

 

市販のシリコンの入ったシャンプーなどを使うと、髪がてきめんにべったりしてしまうのですが、「えがおの力」一本に変えてからはそれがありません。

 

地肌がふさがれずにすっきりと呼吸できる感覚があり、そのせいか抜け毛が明らかに減り、髪の一本一本がしっかりしてきました。

AVEDA「インヴァティ アドバンススカルプエッセンス」で、ハリをアップ

「えがおの力」でシャンプーしたあと、タオルドライをし、こちらのエッセンスを頭皮に4プッシュ。
www.n00life.com
指先でマッサージするように頭皮に揉みこみ、ドライヤーで乾かします。

 

使い始めて半年ほどですが、わたしの場合かなり劇的にこれが効いている実感があります。

 

20年来のつきあいになる美容師さんがサロンで勧めてくれたのですが、プッシュしてドライヤーで乾かしてもらった時にあきらかに髪のハリ感が上がっているのがわかり、その場で即!購入してきたものです。

 

そのとき購入したものがそろそろ切れますが、次回もぜったいにリピートすると決めています。
avedaの頭皮ケアエッセンス、インヴァティアドバンススカルプエッセンス
元来コスメに興味のうすいわたしにしてはとても珍しい、愛用アイテムです。

「ラブクロム」のコームで、つやをアップ

髪を洗う前に、「ラブクロム」のコームで地肌からしっかり梳きあげます。
www.n00life.com
あまり力を入れないように気を付けながら、四方八方いろんな向きにコームを滑らせます。

 

ここでしっかり梳いておくと、シャンプーが泡立ちやすく、無駄にごしごしこする必要がなくなります。

 

洗髪後、アヴェダのスカルプエッセンスを揉みこんでドライヤーで乾かしたあとの髪を、仕上げにラブクロムでとかす。

 

指どおりスルッと、そしてつや感もアップする感じがします。

コシ、ハリ、つやを保って、白髪育てしたい

白髪染めをしない以上、コシもなく、ハリもなく、つやもない髪では、ただのぼさぼさよれよれ白髪のヤマンバになってしまう…。

 

それはさすがにさびしいです。

 

問答無用の美しいグレイヘアを備えていらっしゃる、女優の草笛光子さん。

すてきですよねえ…(ため息)。

 

メイクや着るもの、アクセサリー、姿勢、表情トータルでの素敵さなのは言わずもがななのですが、まず髪の美しさだけでもこれだけひきつけられるのは、やはりしっかりハリとコシのある髪で、しかもボリュームも維持されているからこそだと思うのです。

 

だからせめてわたしも、ハリ・コシ・つやがあり、みすぼらしくなく「白髪育て」のできるような髪にしておきたい。

 

ずぼらなわたしなりの、「グレイヘア」への土台づくりのつもりです。

 

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。