シンプル思考

40代ミニマリスト主婦が白髪染め、まつエク、ネイルを断捨離する理由。

アラフォーです、というかもうすぐ45歳になるので、もはやアラフィフ?でしょうか。

 

日常生活のそこかしこで、当然ながら年齢を感じることが多くなってきました。

 

でも、「今後やることもないだろうな」と思っていることが3つあります。

やらないこと3つ

白髪染め

白髪、順調に増えてきています。

 

とくに、前髪や、分け目付近。
f:id:rhinocero:20180513121724j:image
白髪って、こういうあえて目立つところで存在を主張してくる気が。

 

7、8年前からちらほら出始めて、どんどん勢力を拡大中。

 

でも、サロンでのケアにせよ自宅でのセルフケアにせよ、白髪染めはしないようにしています。

 

一度染めてしまうと、ずっとそれを維持したくなり、永遠に染め続けなくてはいけなくなる気がして。

まつエク

くっきり二重!という目ではありません。
f:id:rhinocero:20180513122735j:image
もともと華やかさがあるわけではない目元が、年齢とともになんとなくぼんやりしてきて、さらに地味な感じに…。

 

こんな目でもまつエクをしたら少しはパッとするのかなあと思いつつ、手を出さないようにしています。

 

顔を洗うときなど、日常生活で気をつけなきゃいけないことが増えるのがめんどくさいし、

 

定期的に時間とお金をかけてやってもらうのもめんどくさいし、

 

なにより、一度やってしまったらずっと続けなきゃ生活できなくなる気がして。

ネイル

ぽちゃぽちゃしていて、指が短くて、爪も丸くて小さくて、子どものような手でびっくりされることが多いです。

 

ちゃんと爪をのばして手入れをしてネイルをすれば、もうちょっと歳相応感が出るのかも?

 

でも、ネイルはしません。

 

毎日の食事作りで手元に気をつかわなくちゃいけないのは面倒だし、

 

定期的に時間とお金をかけてやってもらうのもめんどくさいし、

 

なにより、指先がナチュラルに呼吸ができない感じがあまり好きではありません。

気持ちで依存したくないから

白髪のひとすじもなくきれいに染まった髪、長く濃く印象的なまつげ、しぐさまで美しくみえるようなつやつやのネイルは、見ていてため息がでるほどすてき。

 

でもわたしには向きません。

 

元来めんどくさがりですし、それ以上に、「これがないとこまる」「これをしないと落ち着かない」「これがないなら外に出ないほうがマシ」など、自分の気持ちが依存しそうなものからは極力自由でいたい。

 

だから、そもそも手を出しません。

ないならないなりに

年齢がかさなり、からだがそれ相応の変化を迎えるのはあたりまえのこと。

 

あまりにぞんざいかつ無頓着になるのは論外ですが、ミニマリストとしては「ないならないなりに」気持ちよく、自由に身軽に歩いていくのが理想。

 

自分なりに合理的で気持ちのいい、年齢のかさねかたをしていきたいと思っています。

 

▼シワがあっても、白髪でも。