食品

わが家のダシはこれひとつだけ。手軽でおいしい無添加粉末ダシ「おいしいだし 海のペプチド」を使っています。

きょうは、「和・洋・中のどんな料理にもさっと加えるだけのお手軽粉末ダシ、“おいしいだし 海のペプチド”」について書いています。

食事療法を学ぶ

15年前、悪性リンパ腫というがんを発症。長期入院治療をしましたが、結局がんが消えきらなかったこともあり、体質改善による快方を目指して、食事療法を学び始めました。

当時、日本で唯一、食事療法の専門科をもつ病院が東京にありました。

ご縁もあってそこへ二週間お世話になることができ、食養生に関する知識だけでなく、冷え取りをはじめとするさまざまな養生法や、生きていく上での物事のとらえ方や考え方などを、身をもって知る最良の機会となりました。

そのとき学んだことは、そこからいまにいたるわたしの人生の骨格となってくれています。

▼学んだことのほんとうにごくごく一端ですが、三年番茶を知ったのもこの時です。
www.n00life.com

「おいしいだし 海のペプチド」

その病院、日本全国からがんや重度のアトピー患者が頼ってくるようなところでしたが、商売っ気ゼロ。

何かを売りつけられるようなことは一切!!!ありませんでしたが、抗がん剤や放射線治療でぼろぼろになっていたわたしのからだを立て直すのに有益だと思われる情報は、なんでも惜しみなく教えてくれました。

そのときに紹介してもらって、以来わたしがずっと使い続けているもののひとつが、「おいしいだし 海のペプチド」

かつお、いわし、昆布、無臭にんにくといった天然素材を、化学処理せずに粉末状にしたダシです。

「おいしいだし 海のペプチド」の使い方

微細な粉末状で、料理にさっと加えるだけなので、ほんとうに手軽。

トマトソースに、洋風ブイヨンがわりに加えて。

ゴーヤーチャンプルーに、和風だしがわりに加えて。

麻婆豆腐やチャーハンに、中華鶏がらスープがわりに加えて。

たらこパスタのソースに、コクを出すために加えて。

このほかにも、日々のお味噌汁も煮物ももちろんこれですし、うどんやそうめんのつゆもこれで。

栄養価がたかいので、病後で体力がどん底だったときは、このだしをお湯で溶いたものに梅干しを加え、そのままスープとして飲んだりもしていました。

「おいしいだし 海のペプチド」のいいところ

  • これひとつで、和・洋・中なんでも使える。
  • 使いやすい粉末状なので、料理にさっと加えるだけ。
  • 化学的な処理をしていない。
  • 無塩、無糖、無脂肪。
  • 酵母エキス・たん白加水分解物のようなうま味添加物が一切入っていない。
  • 原料のたんぱく質がペプチド状(低分子化)になっているため、からだへの負担が少なく、吸収が良い。

▼こちらのページがとてもわかりやすいです!
www.binchoutan.com

「おいしいだし 海のペプチド」はこんな方にぴったり

  • 家族の健康のことを考えると、化学調味料はやめたい。
  • 手間なくかんたんに、さっと使えるダシが欲しい。
  • 和・洋・中 ひとつのダシで済ませたい。
  • 食塩無添加のダシが欲しい。

からだにやさしく、使い方もカンタン、しかもとってもおいしい。家族の食事に安心して使えます。

おわりに

和食には、和風ダシ

洋食には、コンソメキューブやブイヨン

中華には、鶏がらスープの素…

それぞれ種類別に準備し、どれもつねに在庫管理をし、料理にあわせてひとつひとつ使い分ける…。わたしにはムリです、大変すぎます(汗)。

「おいしいだし 海のペプチド」を使い始めてからは、どんな料理もこれひとつ。これだけです。

15年間、使い続けています。

▼毎日のことだから、安心でかんたんで美味しいのがいい。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。