断捨離の効果

【40代のファッション】ミニマムで自分らしいワードローブへ。「好き」なものだけあればいい。

先日、ウォークインクローゼットの片づけをしていて、気づいたことが。
www.n00life.com

以前に比べ、自分の「好き」がはっきりしたなあ…。

「好き」がはっきり

先日の片づけで、春夏ものをクローゼット入口ちかくの取り出しやすいところに場所替え。
f:id:rhinocero:20180601113410j:image
いまの季節によく着る長袖のシャツを、手に取りやすいハンガーバーの左側に集めました。

 

長袖のシャツは、

  • シンゾーンのノーカラーとろみシャツ
f:id:rhinocero:20180601113424j:image
  • ユニクロのノーカラーとろみシャツ
f:id:rhinocero:20180601113436j:image
  • ボールジィのノーカラーとろみシャツ

f:id:rhinocero:20180601113453j:image
の3枚。

 

そしてあらためてみると3枚とも

  • 襟がなく、前あきの「ノーカラー」で、
  • パリッ!でもなく、ふわふわ!でもない、「とろみ」感のある生地で、
  • 色は「白」か「ネイビー」か「白×ネイビー」。

自分のなかで、「好き」がものすごくはっきりしてきた感じがします。

少ないけれど、全部好き

わたしは、春夏に使うボトムスを2本しか持っていません。
www.n00life.com
アウトドアブランド「ノースフェイス」のチノパンツです。

 

ネイビーのチノパンツと長袖シャツ3枚
f:id:rhinocero:20180601113724j:image

 

カーキのチノパンツと長袖シャツ3枚
f:id:rhinocero:20180601113729j:image

 

同じチノパンツ2本と、同じようなかたちや色の長袖シャツ3枚を組み合わせているだけなので、どれも変わり映えしませんが。

 

どの組み合わせになっても、着ていて居心地わるさがありません。

 

どれも好きです。

ミニマムに、自分らしく

三年前にこの中古戸建に越してきたとき、二畳もあるクローゼットに洋服がぜんぜんおさまりきらなくて、途方にくれました。

 

たぶん少なくともいまの5~6倍は洋服を持っていたけど、でもその中に「好き」で、いつ着ていても気持ちいいと思うものはぜんぜんなかった。

 

いまは数が少ないし、似たようなものばかりだけど、どれも自分らしくて落ち着きます。

 

「好き」なものだけあればいい。

 

十分です。

 

▼インナーには、しまむらのこれ!
www.n00life.com

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。