ファッション

【ミニマリストのバッグ】『マイバッグ 3つのバッグで軽く美しく生きる(ドミニック・ローホー著)』から考える。

きょうは、「ドミニック・ローホーさんの著作、『マイバッグ 3つのバッグで軽く美しく生きる』から振り返った、わたしのモノ選びと好きな生き方」について書いています。

ドミニック・ローホーさんの「マイバッグ」3つ

はてなブロガーLIUさん(id:aroundfiftyliu)の、こちらの記事。

数々の著作が大人気のミニマリスト、ドミニック・ローホーさんの、『マイバッグ 3つのバッグで軽く美しく生きる』という著書について書かれています。

LIUさんによると、ドミニックさんは著書の中で、

「ひとつだけのバッグだけ」なんて今となっては憧れにすぎず、残念ながらそういう時代はもう終わったのです。

と説きます。

そして、次のようなバッグ3つを使い分けるのがオススメとのこと。

・大きめのトートバッグ

 最適サイズ:横45cm×縦35×マチ20cm

 重くないもの。800g以下のもの

・ミッディバッグ

 最適サイズ:横30cm×縦20×マチ10

 ショッピング、女子会、街歩きなどに広く使える。

 ショルダー、もしくは斜め掛けできるもの。

・ポシェット

 最適サイズ:横20cm×縦13×マチ7

 バー、レストラン、ワンマイルウオーキングなどに。

わたしはLIUさんのこの記事を読み、ハタと膝を打ちました。

ドミニックさんの「マイバッグ」が、わたしの使っているバッグとあまりにもよく似ているからです。

わたしの「マイバッグ」3つ

「ミッディバッグ」

わたしは、ふだん使いのバッグを、春夏と秋冬でそれぞれひとつずつにしています。
www.n00life.com
フランスの「ジャック・ゴム」のこのバッグ、ドミニックさんの「ミッディバッグ」どんぴしゃのサイズでした。ストラップで、肩がけも、ななめがけもできます。

「大き目のトートバッグ」

そして、毎日使うわけではないのですが、たまにいただくフリーの仕事で、どうしても荷物が多いときに使う、「大き目のトートバッグ」がこちら。

ふだん使いと同じ、ジャック・ゴムのもの。

サイズが、横43、縦30、マチ19。

重さ、たったの432グラム。

ドミニックさんの「大き目トートバッグ」と、驚くほど似ている。軽さは圧勝だけど(笑)。

「ポシェット」

そして、「ポシェット」サイズがこちら。

「山と道」というアウトドアメーカーの、“サコッシュ”と呼ばれる超軽量の袋です。山歩きや旅行の時に地図やカメラを入れたり、週末にスーパーへまとめ買いに出かけるときに、財布とスマホを入れていくのに使っています。

横27、縦18と、ドミニックさんの「ポシェット」より寸法はやや大きめですが、山と道のサコッシュはマチがなくてぺったんこ。

重さも、たったの38グラムと、紙のよう(笑)。

こちらも、トータルのサイズ感ではかなり似ていると思います。

どうやらわたしは、ドミニック・ローホーさんとそっくりなバッグを使っているようです。

わたしのモノ選びと、望む生き方

わたしは、大好きな旅に出るときには基本的にバックパックをつかうため、持っているバッグの総数は3つではありません。

でも、日常の範囲内で使うバッグを選ぶポイントは、かのドミニック・ローホーさんと非常によく似ているみたい。

すなわち、

  1. 軽いこと
  2. 美しいこと(=機能的であること)

の2点。

そして改めてふりかえってみると、バッグに限らず、どんなものを選ぶにも、わたしはこの2つを常に意識しているように思います。

軽く、機能的で美しいものとともに、身軽に自由に。

それが、わたしの望む生き方です。

▼軽くて丈夫で使いやすい。私的最強!のふだんづかいバッグです。

ほとんど毎日、コレばかり。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。