キッチン

【ヤカンもミニマム】北欧のアウトドアケトル「トランギア」を、おうちで普段使いしてみる。

きょうは、「北欧“トランギア”のアウトドアケトルをおうちで使うことと、そのメリット」について書いています。

野田琺瑯のmonoケトルに、穴が!

なんと先日、ヤカンに穴が空きました。水がぽたぽた漏れてくる。

ホーロー製なので、ぶつけたりして欠けたところからサビてしまったようです。ガサツでごめんなさい。

使っていたのは、野田琺瑯のmonoケトル、2006年7月購入。

もうボロボロなので、白黒にしました(笑)。底面積が広い秀逸なデザイン。お湯も沸きやすく、気に入っていました。

11年間よく頑張ってくれました。

北欧「トランギア」のアウトドア用ケトルを、おうちで使う

あたらしく購入するものをいろいろ検討したのですが、結局今回は買わずに、家にあったこれをしばらく使ってみることにしました。

北欧のアウトドアメーカー、「Trangia(トランギア)」のアウトドア用のケトルです。

大好きなひとりキャンプのときに、お湯を沸かすのに使っています。
f:id:rhinocero:20170529173241j
焚火につっこんだりもしていたので、ススで真っ黒だったのですが、スチールたわしでごしごしこすったら、きれいに元通りになりました。

これで、おうちでも使える!

トランギアのケトルのいいところ5つ

トランギアのケトルはアウトドアアイテムだけあって、シンプルでミニマムで、使いやすさいっぱい。

  • コンパクトで丈夫

トランギアは、これまで使っていたmonoケトルと並べるとこんなにコンパクト。

上から見る限りでは、ふたまわりぐらいちいさいかもしれません。

そして、蓋のツマミ以外すべてアルミでできているので、壊れそうな部分が見当たりません。

ホーロー製のmonoケトルは、ぶつけたところから錆びてダメにしてしまったので、トランギアの扱いのかんたんさは嬉しい。

  • 十分な容量

トランギアとmonoケトル、大きさはずいぶん違うのですが、実際に湯沸しできる容量としては何とほとんどおなじ、1.1リットル前後。

monoケトルの満水容量は2リットルですが、注ぎ口が低いところについているので、なみなみとはお水をいれられない。

それに比べて、トランギアは満水容量1.4リットルとコンパクトですが、かなり上までお水をいれられる。

普段使いには十分な容量になっています。

  • 軽い

アルミでできているので、とにかく軽い。200グラムぐらいしかありません。

ちなみにmonoケトルは970グラムほどあります。

  • スウェーデン製

あたらしいものを探すときの条件で、申し訳ないけれど安全面から「中国製」は外していました。

Made in Sweden。バッチリです。トランギアの刻印もかわいくて、萌え…。

  • 北欧モノ、だけど安い!かわいい!

北欧のケトルと言えば!な「OPA Mariケトル」。映画「かもめ食堂」で一躍有名になりました。

とってもステキなんだけど、1.5リットルサイズは約12,000円もするのです。た…高い…。

それにくらべてトランギアは、おなじ北欧出身なのにたったの2,700円。

安い!そして、これはこれで、キッチュでかわいくて大好き!

おわりに

トランギアのケトルをおうちで使い始めて一週間ほど経ちました。

料理中はガス台をあけたいので、使った後はシンク上に吊り下げ収納。軽いので、たわしと同じ扱いでも平気(笑)。


トランギアケトルをおうちで使う。

いまのところ、とにかく軽くてコンパクトで、ミニマリスティックなところが気に入っています。もともとアウトドアアイテムなだけあって、気兼ねなく使えるのも気持ちいい。

これがベストかどうかはわかりませんが、もともと家にあったものなので、しばらくこれを使ってみようと思います。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。