ラク家事

お正月と年末は、節約しつつおいしいものを。ふるさと納税と生活クラブ生協を活用します。

ふるさと納税の返礼品で、年末年始の料理をラクに

ふるさと納税、駆け込みました!

12月に入ってすぐ、ふるさと納税の最後の帳尻合わせに入りました。


そして、この年末に届いてくれた返礼品。

山形県寒河江市 はえぬき

f:id:rhinocero:20171230113405j:image

和歌山県湯浅町 温州みかん

f:id:rhinocero:20171230113519j:image

北海道根室市 ズワイガニむき身

f:id:rhinocero:20171230113903j:image

福岡県宗像市 もつ鍋セット

f:id:rhinocero:20171230114102j:image

佐賀県白石町 玉ねぎたっぷり肉まん詰め合わせ

f:id:rhinocero:20171230114235j:image

宮崎県西都市 有田牛100%極上ハンバーグセット

f:id:rhinocero:20171230114407j:image

 

お米とみかんはもっと早くから申し込んでいたものが、季節的にこの時期に届きました。

 

普段は切ってポリ袋に入れただけの自家製冷凍食品と冷凍稲庭うどんぐらいしか入っていないわが家の冷凍庫が、みっちみちに詰まっています。

 

冷凍庫が宝箱みたいだ〜!

生活クラブ生協のクリスマス&正月食品

生活クラブ生協に加入しています。

遺伝子組み換えや食品添加物を極力減らした、本来の美味しさを守る取り組みをしている生活クラブ生協。

 

クリスマス、正月に向けて、あらかじめ組合員からの食品各種の予約を募っておき、生産者が安心して生産に取り組める仕組みを作っています。

 

いいものだけにお安くはないので、わが家はふだんの食生活では調味料ぐらいしかお世話になっていませんが、クリスマスや正月は、ふつうのスーパーでもいろんなものの値段が上がったり、添加物で保存をきかせるような食品が増える時期。

 

年末年始は、価格も決まっていて、素材的にもあんしんな生活クラブ生協の食品を積極的に取り入れることにしています。

 

クリスマス用だったフライドチキンと、カニ甲羅グラタンは、すでに食べちゃった。

 

いづつワインも飲んじゃってる。

 

ミートパイはまだある。
f:id:rhinocero:20171230115641j:image

 

サーモンとモッツァレラのピッツァもまだある。
f:id:rhinocero:20171230115700j:image

 

お正月、金華サバのお寿司。
f:id:rhinocero:20171230120127j:image

 

ニンジンやかぼちゃで着色された松竹梅かまぼこ。
f:id:rhinocero:20171230120248p:image

 

娘の大好物、いくら。
f:id:rhinocero:20171230120258j:image

 

わが家はみんな、おせちもお餅も好物ではないので、こういうものをちょこちょこ取り入れてお正月気分を味わうくらいの楽しみ方が向いています。

 

生活クラブ生協に加入して15年以上毎年活用していますが、どれもほんとうにおいしく、安心して食べられます。

節約しつつ、おいしいものを、手軽に堪能!

ふるさと納税の返礼品、12月に入ってすぐぐらいに申し込むと年末のこの時期に届くものが多く、ちょっと贅沢気分を堪能できてとてもいいです。


もちろん節税にもなりますしね!

 

生活クラブ生協の食品は、スーパーのものよりは高いですが安心して食べられる。

 

そういうものが冷蔵庫にあると思うと、「食事作るのめんどくさいし、お正月なんだから外に食べに行っちゃおうか〜、宅配ピザ頼んじゃおうか〜」ということもなくなり、わが家の場合かえって安くつきます。


自分なりに節約しつつ、でもちょっと贅沢なおいしいものを、手軽に。

 

年末年始をのんびり過ごしたいと思います!

 

▼ふるさと納税、もうほんと、やった方がいい!
今日と明日までに支払いまで完了させることができれば、今年の分の節税として駆け込めます。

で、来年からは年末に届くようにする。主婦、年末年始、ウハウハ!

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。

error: Content is protected !!