雑貨

【お正月飾り】ぽってりかわいい、ガラスの鏡餅を購入しました!

ガラスの鏡餅を北欧アンティークチェストに

ガラスの鏡餅を購入しました。

ガラスで作られた鏡餅を購入しました。

 

ありがたいことに、お正月飾りを出すのに一番いいとされる28日にちょうど届きました!
f:id:rhinocero:20171229075227j:image
先日までクリスマスツリーを置いていたリビングのチェストの上に置きます。

 

透き通ったガラスの中が、乳白色になっています。
f:id:rhinocero:20171229075241j:image
ぽってりしていて、ガラスなのにあたたかい感じがします。

 

上にちょこんと載った橙(だいだい)。
f:id:rhinocero:20171229075256j:image
オレンジの部分と透き通った部分でまだらになっています。

 

葉っぱの感じも可愛らしい。
f:id:rhinocero:20171229075308j:image
葉脈がちゃんと通っています。

 

ところどころに気泡が。
f:id:rhinocero:20171229075320j:image
ひとつひとつ手で作られている証、味わい深いです。

ガラスの鏡餅を買ったわけ

これまで、スーパーでこういう鏡餅を買っていました。
f:id:rhinocero:20171228215840j:image
サトウ食品さんサイトから画像お借りしました。

 

でもじつは、わたしを含め家族はみんなあまりお餅が好きではありません。

 

元日にお雑煮を作れば食べるという程度で、本物のお餅を買ってきても誰も喜ばないのです。

 

部屋のしつらいとしてお正月の気分を味わいたいけど、そのために好きでもないお餅を購入し、「そろそろ食べなきゃ…」と思いながら消費するのが、毎年とても気が重かった。

 

今年からは、ぽってり優しいガラスの鏡餅で、気兼ねなくお正月の雰囲気を楽しもうと思います。

おまけのはなし

正式に鏡餅を飾るには、三方(さんぽう)や裏白(うらじろ)などほかにもいろいろ必要なものがあるようです。
f:id:rhinocero:20171228225423j:image
日本鏡餅協会さんサイト から画像をお借りしました。

 

でも、鏡餅のためだけにあれこれ用意するのは面倒。
f:id:rhinocero:20171229075342j:image
キッチンから持ってきた木のお盆に飴釉の小皿を置き、イケアの赤い紙ナプキンを重ねた上に置きました。

 

ありものの組み合わせですが、なんとなくそれらしくなったかな?

 

気分のあがる、お正月準備です。

▼サイズ表記は「大」ですが、小皿に載るくらいの手頃な大きさです。

 

▼gallery365には、ほかにもいろんなタイプのガラスの鏡餅があります。どれも可愛くて迷っちゃう。今回購入したものも、迷いに迷ってカートに入れたまま、数年経っちゃってました。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。

error: Content is protected !!