キッチン

「フィスラープロコレクションスチーマー」があれば、圧力鍋と蒸し器を兼用できちゃいます!

フィスラーの鍋を蒸し器として使う

わが家の圧力鍋。

フィスラーの圧力鍋はシンプルで美しいデザイン
時短化&キッチンのシンプル化! フィスラー圧力鍋のいいところ5つ圧力鍋選びに迷っている方へ。「圧力鍋といえばフィスラー」と言われるほど信頼性の高いフィスラーの圧力鍋をご紹介します。シンプルで丈夫で使いやすく、使った後の洗いやすさもばっちり。購入以来17年以上に渡って、わが家の料理の時短化とキッチンのシンプル化に貢献してくれています。どうぞご覧ください。...

ドイツのフィスラー社のものを、20年近く使っています。

圧力鍋としてだけでなくふつうのステンレス鍋としてもとても優秀で、まいにち大活躍です。

きょうは、日々ふつうの鍋を兼用してくれているフィスラーの圧力鍋を、さらに蒸し器としても使えるようにしてくれるアイテムについて。

フィスラーのスチーマーで、蒸し器に変身!

フィスラーの圧力鍋を蒸し器として使うためのアイテム。

フィスラーの蒸し器、スチーマー「スチーマー」です。

底と、底から数センチの高さまで穴があいています。

フィスラーの鍋を蒸し器として使うこの穴が蒸気を通します。

4.5ℓサイズの方の鍋に置いたところ。

フィスラーの蒸し器、スチーマーを置いてみる下の4.5ℓ鍋にたっぷりとお湯を沸かせるので、長い時間の蒸し物でも大丈夫です。

娘が茶碗蒸しが大好きなので、わが家では特にこの使い方が多い。

フィスラーの蒸し器、スチーマーで茶碗蒸し家にある湯呑2種類を組み合わせると、ちょうどぴったり4つ入る大きさ。

茶碗蒸しの日はこれを二回転させ、ひとり二つずつ食べます。

そのほかにも、切った野菜を蒸して温野菜にしたり、もち米に干ししいたけやニンジンやタケノコやベーコンを加えて炒めて蒸し、中華風おこわを作ったりするのに使っています。

Fissler フィスラー プロコレクション スチーマー 24cm 83-773-24

フィスラー スチーマーのいいところ3つ

鍋を兼用で使える

ふだんから普通の鍋としても使っている圧力鍋を、さらに蒸し器用の鍋として兼用できる。

1台3役、シンプルです。

蒸し器には蒸し鍋までセットになっているタイプもありますが、わが家の場合すでに大きな鍋はあったので、新たに蒸し器専用の鍋を持つのはムダ。

いろいろ兼用できるのは助かります。

たっぷり蒸せる

フィスラーの圧力鍋にはもともと、針金と浅いバスケットでできた簡易的な蒸し器になるアイテムが付属していました。

でもこれでは安定感がなくて食材ごとひっくりかえりそうでちょっと怖いのと、鍋の中に置いて食材を載せるタイプのため必然的に沸かせるお湯の量が少なくなってしまい、頻繁にお水やお湯を足さないと蒸しあげることができないのが面倒で。

このスチーマーは鍋の上に置くタイプなので、下の鍋にたっぷりとお湯を沸かすことができます。

手入れがラク

蒸し器の購入を考えた時、まず選択肢にあがってくるのはコレだと思います。

照宝の中華せいろ。

高さが必要なら、和せいろ。

これ、ぜったい美味しくなりますよね。

ステンレスより蒸気の当たりも柔らかくなるし、木のいい香りもついてくれるし。

でも、使った後よくよく洗って、さらによくよくとことん徹底的に乾かさないと…。

カビたり、くろずんだりしますよねえ、絶対…。

わたしの能力では間違いなくその管理ができないのですっぱりとあきらめ、ステンレス製を選びました。

使ったら、洗って拭いて終了。

ラクだし、気楽です。

フィスラーの鍋でキッチンを合理化

わが家のフィスラーの圧力鍋。

いちばん最初に4.5ℓサイズの鍋+圧力蓋のセットで購入し、

次にスチーマーを購入し、

そして2.5ℓサイズの鍋を追加してきました。

 

圧力蓋を複数の鍋で兼用でき、圧力鍋と普通の鍋を兼用してくれ、さらに蒸し鍋も兼用してくれる。

わが家のキッチンの合理化に、大きく貢献してくれているフィスラーのお鍋です。

 

▼好きなものといっしょにくらすということ。

にほんブログ村テーマ
素敵な大人のシンプルライフ

にほんブログ村テーマ
♪今日はコレをポチったよ♪

にほんブログ村テーマ
主婦のつぶやき&節約&家事etc…

にほんブログ村テーマ
女性のための情報満載

▼ブログランキングに参加しています。下の四角いボタンをクリックして応援していただけるととっても嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼その他のブログランキングです。テーマごとにランキング順でご覧いただけます。

シンプルライフブログランキング

ミニマリストブログランキング

片付け・収納(個人)ブログランキング

▼エキサイトさんの新サイト、「もの、ごと。」に掲載いただいています。

error: Content is protected !!