食器

新年は、新しい箸でさっぱりと。とんかつ和幸で使われている「六角春慶」に入れ替えました。

とんかつ和光で使用の六角春慶箸レビュー

お箸の入れ替え

毎年お正月に、お箸を新しいものにしています。

気分も新たに、一年を始めることができます。

 

これまでは、毎年こちらのお箸をリピートして使っていました。

それぞれ色や長さを違うものにすると配膳の時に不便なので、家族みんな一緒のお箸で。

 

こちらをずっと使い慣れていたのですが、今年はちょっと違うお箸にトライしてみました。

 

ブロガーのこるりさん(@kochi130)が以前ブログ記事でご紹介されていたこちらのお箸、「六角春慶」

こるりさんの記事を拝読し、とても使いやすそうでしたので、今年はこちらに全とっかえです。

 

箸置きとあわせると、こんな感じ。
f:id:rhinocero:20180104225547j:image
さっそく元日から使ってみました。

六角春慶 エコ箸 のいいところ

長さがちょうど良い

お箸の長さは23センチで、わたしも夫も、中高生の子どもたちも持ちやすい長さです。
f:id:rhinocero:20180104224108j:image
箸の収納に使っているケユカのボックスにも、ぴったりサイズ。

細い先端でつかみやすい

「六角春慶(画像上)」は、以前使っていたお箸「Natural Wood(画像下)」と比べると、先端がすっきりと細い。
f:id:rhinocero:20180104224638j:image
しかも黒い部分に滑りにくい加工がされているようで、食べ物がつかみやすいです。

六角形で持ちやすい

以前使っていたお箸「Natural Wood(画像左)」は持つ部分が四角、「六角春慶(画像右)」はその名の通り六角。
f:id:rhinocero:20180104225734j:image
六角形のお箸は初めてですが、鉛筆と同じ形だけあって手にフィットし、とても持ちやすいです。

シックな色合いで、合わせやすい

以前使っていたお箸「Natural Wood」に比べ、落ち着いた濃い茶色。
f:id:rhinocero:20180104230259j:image
わが家で愛用している漆塗りのお椀や、飴釉のお皿の色合いにもよく似ており、合わせやすいです。

六角春慶 エコ箸 のもう一歩?なところ

値段が若干高い

これまで使っていたお箸「Natural Wood」は5膳で1,500円なので、一膳あたり300円。

 

「六角春慶」は一膳560円。

 

値段は約二倍になります。

 

無印良品の同じようなお箸「すり漆 六角箸 23cm」は税込800円なので、それに比べるとまだ安く、許容範囲だと思っていますが…。

 

もうちょっとお安いと嬉しいな。

ショップの送料が高い

これまで使っていたお箸「Natural Wood」は、メール便送料無料でした。

 

「六角春慶」は送料無料ではないので、トータル8,000円以上のお買い物でないと別途送料540円がかかります。

 

まさか8,000円以上にするために箸を15膳も買うわけもなく、かといって、六角春慶一膳が560円で、送料が540円か…と一瞬悩むポイントでもあります。

 

配送していただく以上、当然有料でいいので、せめてメール便対応になると嬉しいな。

おわりに

こるりさんの記事にとっても詳しく紹介されているのですが、こちらのお箸、とんかつ屋さんの「和幸」で使われているものと同じだそうです。

 

業務用だけあってもちろん食洗機にも対応しているそうなので、丈夫さにも期待。

 

以前使っていた「Natural Wood」に比べ値段は倍ぐらいしますが、使いやすさは十分満足。
f:id:rhinocero:20180104225502j:image
あとは、これまで一年ごとに取り替えていたものをもっと延ばせそうなものなのか、使って確認していきたいと思います。

 

▼お箸はこちら。

▼普段使いの箸置きはこちら。

▼六角春慶がぴったり入ったケースはこちら。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。