食器

クリスマスのテーブルは、テーブルクロスで特別感を。今年はどれにしようかな。

テーブルクロス、3枚

テーブルクロスは便利なので、3枚持っています。

リンドベリ 「Lust Garden(ラストガーデン)」

インテリアショップのscope version.R(スコープ)さんで三年前に在庫処分特価で購入した、リンドベリによるデザインの「Lust Garden」。

スウェーデンのグスタフスベリ製陶工場の黄金期に活躍した陶芸作家として知られ、陶磁器以外にもさまざまなプロダクトを世に残した、スティグ・リンドベリ。

彼が手がけたテキスタイル“ラストガーデン・楽園”

※ スコープのサイトより引用

真っ赤なコットンサテン地に、カラフルな模様。

一瞬ギョッとする派手さですが、テーブルにかけると食べ物がすごく美味しそうに見え、とても使いやすいです。

スコープ 「Snowflake Tree(スノーフレークツリー)」

二年前に購入した、スコープオリジナルデザインのクロス「Snowflake Tree」。

スコープさんは毎年クリスマスの頃になるとタガが外れ、超絶お買い得なステキ企画をリリースしてくれます。

この布、わたしは見た途端にものすごく気に入ってしまいすぐに購入したのですが、3,000円という超特価だったこともあり、ちょっと迷っている間に売り切れて涙を飲んだという方も多かったよう。

クリスマスっぽくも見えるし、お正月っぽくも見えるので、冬の季節に使いやすいです。

スコープ 「KIRO(キロ)」

今年追加した、こちらもスコープオリジナルデザインのクロス「KIRO」。

今回のクリスマスもスコープさんのタガが外れました。

はっ水加工された220センチ長のクロスが3,500円。

こちらは真っ白なので、一年中使えそう。

さまざまな白が重なり合って、シックでとても綺麗です。

いつものテーブルを、テーブルクロスで特別に

テーブルクロスは一枚かけるだけで部屋の雰囲気を大きく変えられ、なんとなく特別感が出るので、ちょっと持っているととても便利。

この週末は、夫の親兄弟家族がわが家に集まり、みんなでクリスマスのお祝いをします。

去年は、こんな感じでした。

毎年十数人(プラス、犬二匹)ととにかく大人数になるので、各家庭からの持ち寄りをどんどん並べて好きなように取り分ける、ざっくばらんなパーティテーブル。

今年はどのクロスにしようかな。

決まったら、アイロンがけ〜!

▼シンプルなクリスマスツリーのおはなしはこちら。

▼わが家にあるものはどれもすでに売り切れや廃番ですが、スコープさんにはほかにもステキなオリジナルクロスがいろいろあります。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。