横浜

【横浜中華街レビュー!】有名店「梅蘭新館」で、牛モツと梅蘭やきそばのおいしさに悶絶する。

先日、横浜中華街へ、会いたい人に会いにいってきました。

きょうは、そのときに行った「横浜中華街の、超有名なやきそばの名物店」について書いています。

夜の横浜中華街で待ち合わせ

今回、中華街でまちあわせしたのは、ブログ「実り多き人生」の、みのりさん。

九州から東京にいらっしゃる用事があるということでお声掛けいただき、ひゃっほー!とよろこびいさんで出かけてきました。

横浜中華街ははじめてというみのりさん、夜の中華街はかれこれ10年ぶりというわたし。

適当にとびこんだ路地でみつけて入ったお店が、とってもとってもおいしかったので、ご紹介させてください。

「中華街 梅蘭(ばいらん)新館」

このお店、焼きそばで超有名なお店で、中華街だけで何店舗もある。…というか、全国にすごくたくさん店舗があるらしい(笑)。

わたしたちが入ったのは、「中華街 梅蘭新館」。古そうな店構えで、入ると芸能人のサインが壁いちめんにぎっしり貼られています。

せまい路地にあるごちゃごちゃした小さいお店。中華街らしさ満点です。

青菜、牛モツ、焼きそばのおいしさに悶絶!

まずは、林檎酒とライチ酒でカンパイ!

オーダーしたものが運ばれ始めます。

  • 青菜の炒め(1,300円)


チンゲン菜を炒めたもの。口にいれて噛むと、青菜の甘みがじわじわ出てくる。家でつくってもこんな味にはならないなあ。なにかが違うんでしょうね。

  • 牛モツの黒豆炒め(1,300円)


ハチノスを、たぶん豆鼓(トウチ)で炒めたもの。一緒のお野菜はシャキシャキ、ハチノスはやわらかいけど歯ごたえと旨味があって、これももうほんとにおいしくてほっぺ落ちる。白いごはん頼めばよかった。これは、ごはん止まらなくなりそう。

そして、真打ち登場。

  • 梅蘭焼きそば 特製海鮮味 普通サイズ(1,530円)


テーブルに届くのがコレ。UFOみたいなふしぎなかたち。

中には、海鮮たっぷりのあんが隠れています。

たまごと一緒にカリッと焼かれた焼きそばの麺に、中の海鮮あんをからめて食べる。カリカリ、とろっと、ウマー!!!!!どれもこれもおいしーい!!!!!と、みのりさんとふたりで悶えました。

ブログを書いてるからこそ出会えたみのりさんと、たのしい話に花を咲かせつつお酒をのんで、おいしいおいしい料理に舌鼓。

最高です!

まとめ

横浜中華街の名物やきそば店「梅蘭」。
www.bairan-tougen.jp

■住所 神奈川県横浜市中区山下町138
■席数 75席、宴会最大人数40名様、貸切可能人数25~40名
■営業時間 11:30~22:00 (LO 21:40)
■電話 045-211-0943

今回は、三品+お酒をひとり二杯ずつで、ひとりあたり3,300円弱のお会計でした。
名物は焼きそばらしいけど、それ以外の一品料理もどれもおいしくて、おなかいっぱい!大満足!

横浜中華街にいらっしゃる際は、ぜひどうぞ。

▼横浜中華街の中国茶カフェ。こちらもステキなお店でした。