シンプル思考

【わたしのミニマリズム】やりたいことをする時間は、最高のぜいたく。そのために、くらしのミニマム化を進めよう。

週末、娘がぜいたくな時間を過ごしていました。

きょうは、「わたしにとってのミニマリズム」について書いています。

娘の「どうしてもやりたかったこと」

定期テスト明けの、中学生の娘。土曜の昼過ぎから台所でごそごそして、小一時間。

クッキーが出てきた!!!!

黒ごまのクッキー。

食べていいんだって。やったー!!!!

くるみコーヒーボール。

おいしくて、盛り付けもキレイ。やるねえ。
ごちそうさま。

やりたいことをする、ぜいたくな時間

娘の試験期間中、わたしから「持たない暮らし〜ミニマム生活。」の小豆さんへのツイート。


小豆さんのお嬢さんがおかし作りしたときの記事のもの。
3月あたまのこのときからすでに、娘は「クッキー焼きたいー!」だったのですよね。

その後、三年生の卒業式だ送別会だと送り出しにいそがしく、一週間以上過ぎてしまいましたが、やっぱりやりたいことはやりたい。娘はそれを、しっかり実現しました。

やりたいことをやっている時間って、ほんとうにぜいたく。そういうゆたかな時間のすごしかたができる娘のこと、素敵だなあと思います。

わたしにとってのミニマリズム

わたしも、そういう時間の使い方をしたい。
そのために、身の回りのシンプル化を進めています。

くらしをどんどん削ぎ落とすのは、自分らしくゆたかに過ごす時間を最大化するため。
それがわたしにとっての「ミニマリズム」です。

▼娘の最愛のクッキーレシピ本。かんたんですが、シンプルで滋味あふれるクッキーばかり。

▼オーブンは、クリスマスプレゼントでした。
www.n00life.com

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。