シンプル思考

【子どものお弁当】たったひとつ、子どもたちと約束していること。

きょうは、ふとしたことに子どもの思わぬ成長を感じたはなしです。

週に5日のお弁当

中学生の娘、高校生の息子ともに、お昼ご飯はお弁当。

 

曲げわっぱのお弁当箱や

 

保温のお弁当箱を使って

 

曜日ごとにメニューをある程度パターン化したお弁当を持たせています。

たったひとつの約束

そのお弁当について、子どもたちとひとつだけ約束をしています。

 

『持ち帰ったお弁当箱は、
自分で洗うこと。』

f:id:rhinocero:20180130084501j:image
どんなに疲れていても、

どんなに忙しくても、

どんなに時間がなくても、

自分が食べたお弁当箱は自分で洗う。

 

守ってもらっています。

それくらい、自分でやれば⁉︎

先日、学校から帰ってきてキッチンでお弁当箱を洗っていた娘との会話。

今日のお昼の時間にお弁当箱の話になって。

わたしいつも自分で洗ってるよって言ったら、男子に

「えー!おまえんち、カワイソーだな!」

って言われた。

みんな、お母さんが洗ってるんだって。

あー、そうなんだ、みんなのお母さん優しいね〜笑、と言いかけたその時。

でもさ、

全部作ってもらってるんだから、それくらい自分でやれば良くない⁉︎

って思って。

…おお、

なんか、

ありがと…。

そんな風に思ってくれてたんだな

現在、思春期真っ只中で、特に母親であるわたしにはつっけんどんな娘。

 

でも、そんな風に思ってたんだな。

 

当のわたしとしては、なにか強い教育的信念を持ってやっていたことではなくて(残念)、まあ、それくらいやってもバチはあたらないよなー、くらいだったのですが。

 

こどもの、精神的な自立の一端をちらりと垣間見た思い。

 

嬉しかった。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。