シンプル思考

こころから楽しいこと、好きなこと、やりたいことへ、向かうこと。

子どもの受験が近づくにつれて親である自分の気持ちが揺れ、思うところがいろいろあります。

気持ちを保ちつつ、前へ!

中学生の娘、受験日が近づいています。

 

音楽をかけて、


気持ちをアゲて。

 

壁には、点数が良かったときのテストを貼ったりして、
f:id:rhinocero:20180203130604j:image
気持ちを支えて。

 

まいにちまいにち、感心するほど真剣に勉強しています。

「楽しいこと」 「好きなこと」「やりたいこと」

娘には、ものすごく好きで、興味があることがあって、いきたいと思っている学校があって。

 

客観的にみると少々険しい道なのは確かで、焦りとか、恐れとか、不安がいっぱい。

 

だけど、それでも常にどこか楽しそうなのです。

 

自分が「楽しい」「好き」「やりたい」と、こころから思う方へ向かおうとしている。

 

それに対しては、ゆるぎない自信があるからなんだろうな。

 

一方、親であるわたしは、大きな病気で死と向き合うような経験をするまで、

  • 自分がほんとうに何が好きかとか、
  • どう在りたいのかとか、

そんな大事なことと、向き合おうとすらしたことがなかったから。

 

娘の熱いひたむきさが、ほんとうに眩しい。

 

そして、嬉しいです。