シンプル思考

【ミニマリズム】ちょっと欠けてるのもイイ。いまの「欠け」は、きっと「いつかのきっかけ」に。

3月下旬、家族で島根県へ。

4月にはいってすぐ、ひとりで栃木県の那須黒磯へ。

行って大満喫してきましたが、じつは「行けなかったところ」もいろいろあって…。

島根の旅で、行けなかったところ

島根の旅はまずおとなり鳥取県の米子空港から飛行機で入り、行きたかったスポットをレンタカーでスイスイとまわりました。

  • 境港 水木しげるロード

  • 松江城 堀川めぐり

  • 松江城天守閣見学

  • 島根県立美術館で宍道湖の夕日観光

  • 玉造温泉

  • 出雲大社

  • 稲佐の浜

  • 石見銀山

  • 足立美術館

二泊三日でいけそうなところはほぼ網羅できたのですが、一箇所、わたし個人としてとても行きたかったところには行けませんでした。

出雲の、日御碕(ひのみさき)というところです。

ここ、景色がすばらしいのはもちろん、出雲の神話の中でも重要な役割を持つ場所でもあり、近くにはかなり有名な心霊?スポットがあったり、岬にある神社のお守りがちょっと変わっていたり。

特に、日御碕神社でいただけるという砂の入ったお守りはとても強い厄除けになるとのことなので、ひとにお渡しするのに入手したかったのですよねえ…。

那須黒磯の旅で、行けなかったところ

翌週、日曜日から火曜日の二泊三日で、栃木県の那須黒磯に行ってきました。

おしゃれなお店をあちこち覗き、

美味しいものをいっぱい食べ、

まだまだ雪の残る那須の山頂に向かってご挨拶して、

源泉掛け流しの硫黄泉を堪能し、

ゲストハウスで気持ちいい時間を過ごし。


なのに、「那須黒磯といえばココ!」という場所二箇所には、結局行かずじまいで帰ってきました。

ひとつは、いまに続くカフェブームの元祖ともいうべきカフェ、「1988 Cafe Shozo」

もうひとつは、おしゃれ生活アイテム好きにはたまらないショップ、「タミゼ クロイソ」

毎度のことながら行き当たりばったりもいいところな旅だったので、「1988 Cafe Shozo」は時間切れで、「タミゼ クロイソ」はそこにあることも最終日(しかも休店日)に知ったという…。

黒磯をよくご存知の方がいれば、

「お前は、黒磯に何をしにいったんだ!?」

と呆れられてもおかしくないぐらい、かんじんかなめの場所をすっ飛ばして帰ってきました。

いまの「欠け」は、いつかの「きっかけ」に。

出雲の「日御碕」、那須黒磯の「1988 Cafe Shozo」と「タミゼ クロイソ」。

どれも「行けなかった場所」で、いわば「欠け」ではあるのですが…。

その「欠け」た場所を訪れに、またあらためてそこへ行きたい。


いまの「欠け」は、「いつかのきっかけ」に。

何度も訪れたくなる場所があるというのもたのしく、しあわせなことなんだとありがたく。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。