コスメ

100%ナチュラルでオーガニックなリップ、「ハーロウバーム」をレビュー!

この春、あたらしいリップカラーを使い始めました。

「ハーロウバーム」を使っています。

使っているのはこちら。
f:id:rhinocero:20180409183712j:image
「ハーロウバーム」です。

 

以下、ハーロウバームサイトより。

Hurraw! Balm(ハーロウ!バーム)リップバーム

ハーロウ!バームは、アメリカモンタナ州の小さな町、ホワイトフィッシュで生まれました。ホワイトフィッシュは、グレーシャー国立公園の素晴らしい山々に囲まれ、スキーが盛んな町です。究極のリップバームを作ろう!という純粋な思いから生まれたリップバームです。100%ナチュラル素材、100%ヴィーガン、100%フェアトレード 。純粋なオーガニックの原料から、生の成分を抽出。厳選された素材から生まれたハーロウ!バームに、多彩なバラエティの天然香料を加え、22種類のフレーバーをお選び頂けるリップバームに仕上がりました。

厳しい基準

ハーロウ!バームが独自に設定した厳しい仕上がり基準である、「粗さのない上質の滑らかさ、べたつかず、甘すぎず、光沢や香りもバランスのとれた配合」を徹底追求し、ジーンズのポケットに一日中携帯しても溶けないよう、数年間、リップバームの研究に精魂を費やし、試行錯誤を重ね、厳選な査定の末に出来上がったのがハーロウ!バームのリップバームなのです。

滑らかで、べたつかず、甘すぎず。

 

まさに!

「ハーロウバーム」のいいところ3つ

  • 100%ナチュラル、ヴィーガン、フェアトレード

リップは、可能な限りナチュラルなものの中から選ぶようにしています。

食べ物などと一緒に体内に入る可能性が高いものなので…。

 

ハーロウバームは非常に厳しい独自基準のもとで作っているそうで、安心して使えます。

 

ブラックチェリーの香りがついていますが、その香料も自然由来。

 

あまずっぱくて、美味しそうな香りです。

  • 発色がかるくて自然

これまで、同じくナチュラル系のリップ「エコティント」を使っていました。
f:id:rhinocero:20180409190705j:image
エコティントはリップカラー的ですが、ハーロウバームは色付きリップ的な感覚の方が近い。

 

エコティントを10往復させたときの発色。
f:id:rhinocero:20180409185216j:image
ラメのようなきらめきもあって、やや黄味寄りのしっかりした発色があります。

 

ハーロウバーム(ブラックチェリー)を10往復させたときの発色。
f:id:rhinocero:20180409185250j:image
色づきがかなりかるく見えますが、唇に載せてみると青み寄りの自然な血色のような色に。

 

エコティントの発色もいいですが、ハーロウバームのかるさもナチュラルな感じでいいです。

  • 値段が安い

かなりこだわって作られているものですが、一本700円程度。

 

エコティント同様ケミカルなものが入っていないため、残量があっても一年程度で入れ替えたほうがいいと思っています。

 

それも惜しくない値段です。

おわりに

エコティントもかれこれ一年ちょっと使ってきていたので、保存料などが入っていないことを考えるとそろそろ替え時。

 

高校生になる娘の入学式もおわり、しっかり目に色のつくリップカラーも当面必要なさそう。

 

ということで、春のきたタイミングでハーロウバームへすっきり入れ替えとなりました。

 

こちらもかろやかで、とても気に入っています。

 

▼色付きリップ的なかるさ。ハーロウバームのブラックチェリーはこちら。

▼リップカラー的なしっかり発色。エコティントのプラッシュレッドはこちら。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。