シンプル思考

ごみ捨て面倒!だから減らす!地球や環境のためなどではなく、ただただ自分のために。

生活しているとどうしても出てくるごみ。

わが家で工夫している、ごみをできるだけ減らすようなもの選びとくらし方、ご紹介します。

わが家ののみもの事情

飲料用、調理用のお水

ふだん、飲み水や調理に使うお水。
f:id:rhinocero:20170905080140j:image
ドイツうまれの浄水ポット「ブリタ」を使っています。

二ヶ月に一度、奇数月のはじめに、ブリタのカートリッジを取り替えています。

防災用備蓄水

防災用に備蓄している飲料水です。
f:id:rhinocero:20170905080243j:image
蛇口つきのパックインボックスウォーターを一年に二箱用意しています。

しまっておいたこの二箱(合計40リットル)を毎年8月に開封して使い、新しい二箱を購入して入れ替えています。

外出時の飲み物

まいにち職場や学校で飲むのみものは、アメリカ生まれの水筒、ナルゲンボトルに入れて持っていきます。
f:id:rhinocero:20170905080904j:image
軽くて安全で丈夫なので、安心して持ち歩けます。

中に入れるのは、三年番茶が定番です。

ごみはこれだけ。

ブリタの浄水ポットから出るごみは、これだけ。
f:id:rhinocero:20170905081802j:image
二ヶ月に一度、このカートリッジがひとつ、ごみになるだけです。

 

防災用備蓄水で出るごみは、これだけ。
f:id:rhinocero:20170905081145j:image
一年に一度、ダンボール二枚と、蛇口つきのパック二個が、ごみになるだけです。

 

毎日の飲み物は、ナルゲンボトルのおかげでとくにごみは出ません。

ごみを減らすのは、自分のため

どこでも売っていて買いやすく、持ち運びしやすく、手に持って使いやすいペットボトル。

 

でも、わが家ではほとんど使いません。

 

もし、わが家の飲み物を全部ペットボトルに換算したら、いったいどれだけのごみが出ることか…。

 

自治体のプラスチック資源ごみの回収は、週に一度。

 

かさばるペットボトルをひとつひとつ潰してかさを減らしておくとか、回収の日まで一週間保管しとくとか…

面倒!!!
イヤ!!!

 

地球や環境のためというより、自分の手間を減らすために。

 

ごみを減らすくらしを選んでいます。

 

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。