ラク家事

キッチンシンク掃除専用ブラシは断捨離!わが家のシンク掃除は「バスケットいらず」を使って、ストレスフリー。

きょうは、「キッチンシンク掃除専用ブラシは断捨離!ブラシやスポンジを使わず、キッチンシンクを掃除する方法」について書いています。

キッチンシンク掃除専用ブラシを断捨離

以前は、キッチンシンクを掃除するためだけのブラシをひとつ、用意していました。

 

夜のかたづけが終わったら、最後にブラシに中性洗剤をつけ、シンクをごしごしこすって流す。

 

あたりまえだと思っていました。

 

でもいまは、そのブラシを使っていません。

  • シンク掃除のためだけのブラシ、邪魔。
  • 清潔に保つためにブラシを洗うとか干すとか、手間。

断捨離です。

「バスケットいらず」とシンク掃除

キッチンシンク関連でいうと、わが家では、すぐにヌメっていちいち掃除も大変な、排水口バスケットもやめています。
www.n00life.com
その代わり、排水口の直径にぴったりサイズのリングに専用袋をかけるだけの、「バスケットいらず」を使用。

 

毎晩のあとかたづけの最後に、バスケットいらずの袋をあたらしいものに取り換えているのですが、このときにこの専用袋を使ってシンクを掃除します。

ブラシを使わないシンク掃除の方法

方法はいたって簡単。

 

あたらしいものを一枚とりだす。
f:id:rhinocero:20170809104941j:image

 

手にはめる。
f:id:rhinocero:20170809104956j:image

 

少し水でぬらし、食器洗い用の中性洗剤を一滴たらす。
f:id:rhinocero:20170809105005j:image

 

ごしごしっとする!
f:id:rhinocero:20170809105020j:image

 

きれいに洗い流して、完了。

 

掃除に使った袋は本来の用途どおり、そのままあたらしく排水口にとりつけて、おしまいです。

バスケットいらず専用袋でのシンク掃除のメリット

  • シンク掃除専用ブラシを置く必要がないので、キッチンの場所をとらない。
  • シンク掃除専用ブラシがないので、ブラシを洗ったり干したりなどの衛生管理をする必要がない。
  • 掃除に使った専用袋はもちろんそのまま本来の用途に使うので、ムダがない。

そして、

  • ちゃんと泡立ち、ちゃんとこすることができ、ちゃんときれいになる!

ストレスフリーです。

 

▼バスケットいらずは、面倒な排水口バスケット掃除をなくしてくれただけではなく、シンク掃除までラクにしてくれています。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。