断捨離と収納のコツ

【40代の断捨離】断捨離や片付けにおわりはない! 期待せず、依存せず、淡々と。

わたしは常々、断捨離や片付けには終わりがないと思っています。

断捨離中、片付け中です

新築で購入した分譲マンションを売却し、いまの中古戸建に移ってきて丸3年が経ちました。
www.n00life.com
引っ越しを機に身の回りの整理を始めたので、断捨離歴も丸3年。

 

ごく最近では、キッチンの吊戸棚を片付けたり、
www.n00life.com

 

ウォークインクローゼットを片付けたりしています。
www.n00life.com

 

先日の吊り戸棚の片付けでだいぶすっきりしてきたキッチンですが、その後もどんどん「要らないもの」が出てきます。

 

 

 

まだまだある、どんどんでてくる。

 

クローゼットも片付けていますが、多分キッチンと同じように、これからもどんどん「要らないもの」が出て来ると思います。

 

そして、それが当たり前だと思っています。

断捨離や片付けに、終わりはない

ツイッターでの、「さよのシンプルライフブログ」のさよさん(‪@sayoslife ‬)とのやりとりです。

(わたしのツイッターは→こちらです。断捨離で手放したものやそこに至った思い、そして日々のあれこれをつぶやいています。フォローいただけるととても嬉しいです。)

 

今回、わが家のキッチンの吊戸棚を片付けるにあたって、まず最初にものを減らし、のこったものを収納しなおしてみるという流れになりました。

 

すると、一度ものを減らしているはずなのにもかかわらず、収納しなおしているうちにさらに不要と思えるものが出てきた。

 

だから、追加で「追い断捨離」をしています。

 

ものが減らせた!と思って片付けを始め、片付けがひと段落してみて、追加で「追い断捨離」をするまでせいぜい一時間。

 

そんな短時間でも、自分にとっての「要る」「要らない」の判断が変わった。

 

たかが片付けですが、実際に目で見て、手を動かし、動いてみることで、自分の考えに変化が加わった。

 

考えが変化すれば、判断も変化して当たり前なのだろうと思います。

 

人間は生きている限り絶対に変わり続けるから、自分のくらしや人生にとって必要か不要かの考えや判断も、生きている限り変わり続ける。

 

だから、断捨離や片付けには、終わりはないと思っています。

 

生きている限り。

期待せず、依存せず、淡々と

生きている限り自分は変わり続けるし、だから断捨離や片付けには終わりはないし、まして、断捨離や片づけはゴールではない。

 

きょうの自分のくらしや生き方が、一年前よりちょっとすっきりして、昨日よりちょっとさっぱりして、気持ちよくなった。

 

それだけです。

 

だから、断捨離や片付けに過剰に期待せず、依存せず、淡々と。

 

それだけです。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

error: Content is protected !!