断捨離したもの、こと

キッチンの収納を改善したい! 吊戸棚の中が、問題だらけなんです!

年明けからこつこつ、まいにち断捨離を続けています。

この四ヶ月でキッチンから出ていったものは、大小合わせて約30個。

 

この断捨離のおかげで、以前からずっと気になっていたキッチンの「ある場所」の片付けに着手できるようになりました。

なんとかしたい!キッチンの吊戸棚

なんとかしたい!とずっと思ってきた「ある場所」とは、キッチンの吊戸棚。

 

わが家のキッチンは南北に細長い、約5.5畳の空間。
f:id:rhinocero:20180505120310j:image
シンクやガスコンロの上にずらっと、5枚の扉に分かれた吊り戸棚がついています。

 

ここを片付け、使いやすくしたいのです。

現在のキッチン吊戸棚のようす

片付けに着手する前、ビフォーの状態を記録しておきます。

 

5枚ある扉を、南側から一枚ずつオープンした様子です。

  • 一枚目の扉の中

ここには、レシピ本や子どもたちの学校関係の書類、雑紙を捨てるのに使う紙袋を収納しています。
f:id:rhinocero:20180505120831j:image
整理してここに移すことで劇的に使いやすくなった紙袋類、すぐに増えがちなので気をつけなくちゃ。

 

カセットガスコンロや、お寿司の飯台などもここ。

  • 二枚目の扉の中

位置的に、ちょうど電子レンジの上になる場所。
f:id:rhinocero:20180505121132j:image
チンするときに使うプラスチック製カバー、家族が日々よく使う水筒を入れたかご、平ザルなどを収納しています。

  • 三枚目、四枚目の扉の中

シンクや調理作業スペースの上になるので、食材のストックを入れたかごを置いています。
f:id:rhinocero:20180505121448j:image
右側の赤いフタのイケアのボックスには、片栗粉、干し椎茸、パスタを入れて。

 

ここは、料理中にひっきりなしに開け閉めする場所です。

  • 五枚目の扉の中

ここも、調理スペースの真上になるので、食材のかごを置いています。
f:id:rhinocero:20180505122621j:image
横のホーローの大きなバットは、ピクルスなどを大量に作るときなどに使いますが、普段は開封済みの砂糖と塩の袋を入れています。

 

その上段には、フードプロセッサー。

わが家の調理家電の、数少ない生き残りです。

吊戸棚収納の問題点

この吊戸棚、収納力が申し分ないスペースですが、問題もたくさん。

 

まず、下段はともかく、上の方のかごには手が届きません。
f:id:rhinocero:20180505183821j:image
すこしでもとりやすいようにかごにリボンを結び、引っ張って引き出して、落とさないように注意しながら下ろすようにしていましたが、バランスを崩すとかごが大きく傾くのでこわい。

 

そして、飯台は全く手が届かない高さなので、毎回スツールを持ってきてはのぼって取っていました。
f:id:rhinocero:20180505183907j:image
その下のカセットガスコンロもやや重いので、毎回落とさないように注意しながら取っています。

 

おまけに、フードプロセッサーも、残念ながらあともうちょっとのところで指先しかかからない高さ。
f:id:rhinocero:20180505184002j:image
おろすときにバランスを崩して、頭の上にフードカップが落ちてきたことが何度もあります。

 

要するに、
使いたいものにさっと手が届く状態になっておらず

しかも、
取り出しにいちいち気を使わなければならない

のがとても不便なのです。

吊戸棚の中を使いやすくしたい!

収納力は申し分ないのですが、収納としては使いにくいことこの上ない、吊戸棚の中の高い場所。

 

なんとかこのスペースを使わずにすませることはできないだろうかと、ずっと心のどこかで思ってきました。

 

ここのところのこつこつ断捨離で、そこへ近づく道筋が見えたような気がします。

 

「手の届くスペースだけで完結する収納」へ。

 

次回、この吊り戸棚の片づけで実行したステップについて、ご紹介します。

 

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。