食器

訂正あり:【イッタラ カルティオボウル】日本の家庭料理に合う北欧食器。

わが家の台所のカウンター収納、いちばん上のひきだしは、高さが12センチしかない浅型です。

小鉢、ボウル、お椀

小鉢、ボウル、お椀やお茶碗を収めています。

たった12センチ!と思いきや、これがなかなかしっかり入るのです。

これらの器も昨日の記事のお皿と同様、家族が銘々でふだん使っているもの。

小鉢やボウルなのでそれぞれ高さはありますが、コンパクトに収まる重ねのいい器ばかりなので、4人分(ものによっては5人分)重ねてもすっきり収まってくれています。

わが家にとっての「使いやすい器」とは?

お皿と同様、ここに残っているのは、断捨離をくぐり抜けてきた使い勝手のよいものばかり。

こちらも、一週間のうちで一度も使わない、ということはありません。

わが家でのつかいやすさとは何かをあらためて考えた場合、かたちや色が好みであることはもちろんですが、

  • 丈夫であること
  • 収納しやすいこと

そしてなにより、

  • わが家のふつうの家庭料理にも違和感なく使えること

が大事だと感じます。

わたしは、凝った料理や、見た目がすばらしい料理を作ることができません。

さっとできる日々のおかずを盛って、その横にお茶碗によそったごはんと、漆塗りのお椀にいれたお味噌汁。

それだけでおいしそうに見えるのが、わが家にとって「使いやすい器」。

そこを大切にしながら選び、残ってきたものが、わが家のいまの食生活をいろどってくれています。

洋にも和にも使えるガラス鉢

そんなわが家で年中活躍の、とっても使いやすいガラス鉢。

冷蔵庫にあった野菜をどんどん揚げて、揚げびたし。

イッタラ カルティオボウル フォレストグリーン

切り干し大根と大葉のサラダ。

イッタラ カルティオボウル フォレストグリーン

イッタラの「カルティオボウル」という器。

上に向かってひろがるすっきりしたかたちと、ちょっと渋めのグリーンがいい。

北欧の食器なのに、和だか洋だかもよくわからないようなメニューを盛っても、ふしぎと違和感なく受け止めてくれます。

スープをいれたり、夏は冷ややっこも合います。

ひじきの煮ものを入れたりもします。

廃番から復活! 廃番&在庫かぎり!

年がら年中使えるほんとうにいい器なのですが、このグリーンのみ、じつは廃番になってたんです。
訂正:カルティオボウル、全て廃番、生産終了だそうです。

カルティオボウルには他にもクリアやブルー、グレーなどの色があるのですが、和洋とりまぜてつかいやすいのは断然グリーンだと思っているので、こんなに使いやすい器なのに残念だな、と思っていました。

それが、ショップ別注で復活していました!
訂正: 別注ではなく、廃番に備え、たくさん仕入れて在庫を積んだとのこと。別注ではないので、在庫がなくなったらそこでおしまい、ということですね…。

スコープさん!いつもながら根性あります!

廃番にはなったけど、やっぱりこのフォレストグリーンは欠かせないと、別注をかけたそうです。
再度訂正: 別注ではなく、たくさん仕入れて在庫を積んだとのこと。別注ではないので、在庫がなくなったらそこでおしまい、ということですね…。

わかる!ほんとにこの色、日本の食卓に合うんです。

そして、1月末までの期間限定で、値下げです。

この価格だと、むかしの価格とほぼ変わらない!

サラダや煮物、つくりおきのお惣菜一品などを盛りつけるのに合う器をお探しの方には、ぴったりのガラス食器。

とってもおすすめです!

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。