食器

柳宗理とカイボイスン。わが家のカトラリー選びのポイント4つ。

柳宗理とカイボイスンのカトラリー比較

先日ご紹介した、漆のスプーン。

実は、カトラリー類は結構いろいろ取り揃えています。

 

きょうは、わが家のカトラリーのまとめです。

スプーン

スプーンは、5種類。
f:id:rhinocero:20180322085525j:image
あ、映ってる…笑。

 

左から、

柳宗理のティースプーン(6本)

ヨーグルトなどのデザートに。

また、夫が毎朝毎晩、最愛のインスタントコーヒーでカフェオレを作るときに好んで使うもの。

柳宗理のデザートスプーン(6本)

いちばん汎用的で、出番が多いもの。

カレーでもシチューでも、タコライスでも、チャーハンでも。

 

「デザートスプーン」とありますが、サイズ的にはふつうにディナースプーン、テーブルスプーンとして使うのにちょうど良い大きさです。

カイボイスンのスープスプーン(5本)

ヘッド部分が横に幅広く、持ち手からやや角度がついていて、洋風のスープのようなものが食べやすいかたち。

ちなみに夫はこの形の口当たりが嫌いらしく、絶対に使いません。

漆塗りのスプーン(4本)

これも全体的に出番が多いもの。

うどんなどの麺類に添えたり、麻婆豆腐、おかゆにも。

カイボイスンのコーヒースプーン(5本)

そうめんの薬味の取り分け用など。

あまり出番は多くありませんが、娘はこのスプーンでゼリーをちまちま食べるのが大好き。

 

以上、出番の多いもの少ないものがありますが、一長一短、各人の好みもあり、どれも省くことができません。

フォーク

フォークは三種類。
f:id:rhinocero:20180322091255j:image
すべてつや消し仕上げ。

 

左から、

柳宗理のパスタフォーク(6本)

パスタだけでなく、ふつうのディナーフォークのようになんにでも使います。

フォーク部分がしっかりしているので、お肉にも野菜にもパスタにも使いやすいです。

柳宗理のヒメフォーク(6本)

これはケーキをいただくときぐらいしか出番がない。

そして、実はケーキにもあまり使いやすくない 笑。

燕三条のステンレス菓子切り(5本)

実は柳宗理のヒメフォークよりも使いやすく、ケーキ、和菓子、フルーツ、なんにでも使います。

シルスマリアの生チョコも、家で食べるときはこれで刺して食べてます。

 

以上に加え、柳宗理のディナーフォークも持っていたのですが、パスタフォークの方が使いやすく食べやすかったので手放しました。

ナイフ

ナイフは二種類。
f:id:rhinocero:20180323212843j:image

 

左から、

柳宗理のデザートナイフ(4本)

あまり出番はないんだけど、まったくなくても困るもの。

「デザート」とありますが実物はかなり大きく、ふつうにディナーナイフとして使えるサイズです。

栗の木のバターナイフ(4本)

週末の朝食で、パンにジャムを塗るときに使うもの。

長いこと使っているので、だいぶ擦り切れて来ました。

 

ナイフを使うような料理は滅多にしないので、以前は6本あった柳宗理のナイフは二本手放しました。

わたしのカトラリー選びのポイント

柳宗理メイン

柳宗理のカトラリーは結婚以来約20年、ずっと使っています。

 

工業製品らしい、シンプルで質実剛健な感じに安心します。

適材適所で

柳宗理がメインですが、柳宗理のスープスプーンはゴツすぎて好みではなかったので、カイボイスンの方を選んでいます。

 

大きさや形によって適材適所、メーカーにこだわらず。

 

同じく、サイズが好みに合えば、名称に「デザート」とついていても、ふつうにディナーカトラリーとして使っています。

つや消し

ピカピカのポリッシュ仕上げではなく、マットなつや消し加工を選ぶことが多いです。

 

マットな方が、自分のつくる食卓にはしっくり馴染む感じがします。

本数はバラバラ

昔から「和食器は6客、洋食器は5客でワンセット」ということが言われます。

 

カトラリーも最初のうちはそのように意識していたのですが、いまはこだわるのをやめました。

 

柳宗理のスプーン類は、子どもたちがお弁当に持っていくこともあるので、多めに6本。

 

ひとが来たときに使いそうなスープスプーンやパスタフォーク、ヒメフォークは、6本。

 

家族でしか使わなそうな漆のスプーンやナイフは、4本。

 

この構成で、落ち着いています。

おわりに

数も種類ももっと絞れそうな気はしますが、家族ひとりひとり口当たりに好みがあり、とりあえず収納にも支障がないので、いまはこのままで。

 

これがいまのわが家の最小限ということで。

 

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

error: Content is protected !!