読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっきり、さっぱり。

まいにちを自由に、ごきげんにくらす。

ゲストハウススタッフさんもびっくり?穴場オープンカフェ@熱海サンビーチ(ただしセルフに限る)

10月5日〜6日 熱海ゲストハウス「マルヤ」への旅

ゲストハウスに着くまでの、いきあたりばったり道中はこちら。



15時すぎに、熱海のゲストハウス マルヤに到着、荷物を下ろしました。
やっぱりこのゲストハウスもおしゃれだし、決して広大な空間ではないはずなのに、開放感があっていいなー。

f:id:rhinocero:20161006222317j:plain




さっそくこのハンモックに寝っ転がって、もらった周辺図をチェック。
この右手上には畳敷きのロフトがあります。



f:id:rhinocero:20161006222452j:plain



ドミトリーはカプセルタイプ。
出入りが面倒なので、わたしは下の段を予約。
1.5畳ぐらいかな。
布団を敷いたら当然いっぱいいっぱいです。
でも、寝るだけだから十分。


ドアが開いていたほかの空きカプセルを覗いたら、それぞれ壁紙がちがっててかわいかったです。





今回の熱海旅、観光に関してはまったくのノープランだったので、スタッフさんから情報収集。
といっても、のんびりしたい!というのが主目的だったので、
「海がきれいに見えて、お茶を飲んでただのんびりできるお店ありますか?」
と訊いてみました。


すると意外や意外、あまりないとのこと。


「お店のなかから、座っていて海がみえるっていうのがないんですよ、ジョナサンが海にちかくてすごいいい場所なんですけど、さすがにジョナサンはオススメしたくないです(笑)」


わたしはこだわりがないので、まあ、お茶を飲んで海をのんびりみられるならジョナサンで全然いいんだけど・・・と思いつつ、海側へ散歩に出発。



ヨットハーバーにもなっている親水広場、きれいに弧を描くサンビーチ、お宮の松を中心に帯状に広がる庭園公園。さすが一大観光地。



しかし、ほんとにあまりお店がない。
ハワイアンダイナーみたいなお店は見えたんだけど、なんか高そうだし、あまりゆっくりできる気がしないよ・・・。




とりあえずサンビーチの端まで歩いてみようと歩をすすめた視線の先に、なんだかちょっと変わった形のローソンが!


なんだ、あれは・・・

f:id:rhinocero:20161006222700j:plain

階段がある。のぼるよ。




こ、これはまさかの・・・!!!

f:id:rhinocero:20161006222840j:plain


テーブルも椅子もあって、めちゃくちゃナイス空間じゃないですか!
しかも誰もいない(笑)。



ならばこうでしょう。

f:id:rhinocero:20161006222956j:plain

下のローソンで、コーヒーとビスコッティ、その他お菓子。ここに二時間ほど座り、だんだん暗くなっていく熱海の海をみながら、ポメラでぽつぽつとエントリ書いてました。




はあ〜、なんて贅沢…。




その間、たまに蚊が飛んでくるぐらいで、結局人間はひとりも現れず。
すごいいい場所なのになにかの罠でもあるのではないかとちらちら疑ったりしましたが、二時間後も特になにも起きませんでした。





あたりが暗くなったころ、雨が降り始め、どんどん強くなってくるので撤収!
日中天気がよかったので忘れてたけど、台風きてたんだった。
マルヤに帰ろう。




来た道をもどる。




※寛一さん、お宮さんはあいかわらずゴタゴタ中。

f:id:rhinocero:20161006223121j:plain





途中のコンビニでお酒を買うころには、すでになかなかの土砂降り。



夕飯を食べに出るのも億劫になっちゃたので、マルヤのリビングで居合わせたひとたちと「いかのくち」と、スタッフさんがむいてくれた梨をいただいて済ませました。

f:id:rhinocero:20161006223643j:plain



そうそう、スタッフさんにナイス空間を搭載したローソンの話しをしたら、「え!そんなところあるんですか!」と、とりあえずご存じなかったです(笑)。屋根部分が板状ではなくすのこ状なので、かんかん照りや大雨のときはきついかもしれませんが、もしかして、穴場かも。夕方、明け方なんかはとてもいいんじゃないでしょうか。




すっかり存在を忘れていた台風は、熱海にも強い風雨をもたらしていたらしく、9時にスタッフさんが外のシャッターを閉めるころには、じゃあじゃあ音がするほどの大雨。そのあとときおりシャッターが大きな音をたててがたがたいっていたので、外ではずいぶん強い風が吹いていたようです。




ありがたく屋根と壁のある安全な空間で、
北海道からきたひとり旅おじさん
今週末の建築士試験に向けて勉強中のスタッフさん
と話しをし、
香港からきた25歳のお嬢さん二人組
と日付が変わる頃まで日本語・広東語教え合いでわいわい話しこむ。


https://twitter.com/like_a_rhino/status/783684458532659205


えーっ、BIG BANGは中国香港じゃないでしょっ?とつっこみつつ、カプセルにもぐりこんで就寝。




オヤスミナサイ。





お読みいただきありがとうございます。

follow us in feedly