断捨離と収納のコツ

【こんまり流】全出しで断捨離!「捨てない夫」がついに動いた、全出しはショック療法だ!

週末、全出しで断捨離をしました。

これまで二年近くかけて、大物小物いろいろ処分してきていますが、こういった大きな収納場所を全出ししたのは初めて。全出しって、いわゆる「こんまり」流、ですね。

ずっと気になってきた、階段下のスペースの整理。まだまだ満足には程遠いですが、今回なんとか今後の希望が見えそうなところまでは整理できました。

スッキリ片付いた!とはならなかったのですが、全出しで感じた大きな効果がありましたので、記録しておきます。

一番便利な場所にある物入れを「全出し」

この状態からスタートですよ(汗)。

く、苦しい…。
ブログ村「ミニマリスト」カテゴリに登録しているんですよ、この状態で!この、恥知らず!

掃除道具、
食材の買い出しに行く時の折りたたみカゴやクーラーバッグ、
エコバッグ、
蚊取り線香とライター、
テプラ、
ハンドシュレッダー、
充電池や延長コード、
リサイクル紙ゴミ用の紙袋、
病院の診察券セット…。

生活する上でよく使うものがたくさん入ってるのですが、なんでもかんでもここに集中しちゃって、このありさまです。玄関にも台所にも洗面所にも近くて便利な場所なので、仕方ない面もあります。

でもからこそ、整理して使いやすくしたいのです。

全部出したらガラーンと爽快、拭き掃除。

ああ、これで暮らしたい…。

夫のものがぎっしり

じつは、この中にあるものは、半分以上夫のもの。

夫は趣味でロードバイクやMTBを組み上げたり、車の整備もするので、工具類や材料などが非常に多い。しかも、そういった工具類で家の中の不具合を修繕してくれることもしょっちゅうで、そのためにとにかくモノを捨てずに保存しておくのです。

ステンレスパイプの切れ端とか、
木材の切れ端とか、
なにかのネジとか、
ゴムの切れ端とか、
切れ端とか切れ端とか切れ端とか(涙)。

なまじ家のこともちゃんとするひとなので、スペースがある場所もよくわかってて、うまいことどんどん収めちゃうのですよね。

この家に越してきて約二年。
これまで、ここを整理しようとするたびにやんわりと「別にいらないものは入ってないから整理しなくていいよ」なんて言われていたのですが、さすがにごちゃごちゃにもほどがある。

今回、夫のものに手をつけるつもりはなく、でもどうしてもこの場所の使い勝手を改善したくて、全出しを開始しました。

ということで、玄関ホールはあっという間にものでいっぱい。

足の踏み場もありません。

全出ししたところに通りかかった夫、さすがにこの状態をみてギョッとした様子。
ここまでとは思っていなかったようで、いきなり座り込んで選別ををはじめました。

わたしとしては、捨ててもらえないかなー(笑)と思っているものがほんとはいろいろあるのですが、がんばってお口にチャック。何も言わないように。

夫がひとつひとつ手にとってチェックを始めたのでその場を離れ、別の場所の掃除をはじめました。みてると余計なことを言っちゃいそうなので、お互いの精神衛生上よくない。

50点!だけど、まずはここから

今回、夫はこれだけ減らしたようです。

何を減らしたのか興味もありますが、ゴミの分別もこの上なくきちんとする人なので、もうね、わざわざ開けませんよ。(量を見る限り、捨てた方がいいもの、まだまだあったとは思うんですけどねえ…。お口チャック!)

つつかれると思ったのか、気づいた時にはさっさと中にものを戻してありました。空間認識能力が高いので、パズルのようにカラーボックスや板を組み合わせてどんどん場所を作っています。

こうなってました。

んーーーーーーー、
全体としてはまだまだ、の50点ーーーーー!!!!!!
もっとスッキリしたいよなあ!!!!

でも、まずは第一歩
玄関から入ってそのまますぐにいらない郵便物をここでシュレッダーにかけたり、週末の買い出し用にカゴを出し入れするのが、劇的にやりやすくなりました。
ありがたや!

継続的に全出しして、じわじわ整理していきましょ。

「全出し」はショック療法

今回初めて「全出し」をしてみて、全出しにはショック療法的な意味合いがあるんだなと感じました。

思わぬ形で、夫に効いたようです。

捨てるものなんかない!といっていたのが、まず全出し後のあまりの量にびっくりし、ひとつひとつ手にとって確認するうちに、顔色が変わっていくのがわかりました。

全体を見渡すことで、
ものの多さと、
自分で全部のものを把握していると思っていたけどそうではなかったこと
が、はっきり体感されたようでした。

頭だけで考えていることって、案外自分に都合がよいように脳みそを書き換えているだけのことが多い。やっぱり、実際に手足を動かしてみることって大事なんですね。

おわりに

わたし自身は、どんどんくらしまわりを整理していきたいという思いが強く、全出しをしなくてもここまではわりとスムーズに断捨離を進めてこられています。

でも今回の経験で、片付けを無意識に避けている場所があったり、片付ける必要性を感じないときこそ全出しが必要なんだな、と感じました。

それを考えると、わたしが自分で「ここはもう整理済みだから大丈夫!ドヤ!」なんて思っているところも、改めてちゃんと全出ししてみる必要がありそうですよねえ…。わたしのような自分勝手な脳みそは、自分にきわめて都合よく書き換えている可能性、大いにアリアリです!!まだまだ抱えているモノ、コト、たくさんあるのでしょう。

全出しショック療法は、思わぬ形でわたしにも効きました。

わたしの片付けだって、まだまだ。
自分のペースで、ちょっとずつ整理していきます!

▼すっきりとしたくらしの参考にしています(トラコミュ)
にほんブログ村テーマ スッキリさせた場所・ものへ
スッキリさせた場所・もの
にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ
にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

▼ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村