シンプル思考

正月飾りもシンプルに準備完了。本来の姿に立ち返って。

30日。
正月飾りを済ませました。

玄関扉に輪飾りを。

門扉の両側には松飾りを結びました。

毎年つかいまわし?

昨年までは、インテリアショップで購入した、紅白の水引きを輪飾りにしたものを飾っていました。

デザインがモダンで好きだったのと、値段も結構したので、買ってから10年以上毎年飾っては、小正月が終わると箱に戻して仕舞っていました(貧乏性)。

今年に入って、ついにその輪飾りを処分。

その年のお正月かぎりに

今回からは、値段は安いものでいいので、その年のためだけに準備したものを飾り、その年の正月明けの「どんど焼き」に持っていって焼いてもらうことにしました。

そのほうが、あたらしい年をお迎えする気分にふさわしいと感じるようになったのです。

今年のものは、近所のホームセンターで190円。
でも、ちゃんと稲藁とウラジロでできていて、昔のひとが新年への想いをこめて飾っていたのは、本来こういうものだったのではないかと感じました。

1月8日にはこの飾りをはずし、地域のどんど焼きに持っていこうと思います。

あたらしい年も、シンプルに

駆け込みでしたが、お正月飾りも整いました。

この2016年は、くらしがますますシンプルになり、わたし自身もますますシンプルになった一年でした。

やってくる年も、シンプルに。
新年も、どうぞよろしくお願いします。

n00