日用品

マキタユーザーさんにオススメ! リョービの掃除機付属品「サイクロン式ユニット」で、マキタがさらに便利になります。

リョービ BHC-1800のサイクロン式ユニット

先日、15年使ったダイソンの掃除機をリョービのBHC-1800に買い換えました。

地味〜とも思えるリョービを選んだ5つの理由については、こちら。

軽くて、よく吸って、バッテリーの持ちがよくて、充電時間も短めで、コストパフォーマンスに優れた掃除機です。

 

さらに、リョービに決めた大きな理由がもう一つ。

 

それがこれ。
f:id:rhinocero:20171212071542j:image
BHC-1800に標準装備されている「サイクロン式ユニット」です。

 

本体に装着。
f:id:rhinocero:20171212090007j:image
掃除機本体とパイプの間に差し込みます。

 

ふつうのスティッククリーナーが、あっという間に簡易サイクロン式に変身です!
f:id:rhinocero:20171212090656j:image

リョービ サイクロン式ユニットのいいところ

  • 紙パックの使用を減らせる

リョービの紙パックは、手のひらサイズでとても小さいです。
f:id:rhinocero:20171212080628j:image
サイクロン式ユニットにゴミがたまるようにすることで、この紙パックの消費を減らせます。

  • フィルターの目詰まりを防ぎやすい

フィルターの手前でゴミを分離するので、フィルターのお手入れの頻度を下げられます。

  • ゴミを捨てやすい

リョービのサイクロン式ユニットは縦に長いかたちなので、カップを開けてゴミ袋に口を突っ込めば、さっとゴミを捨てられる。
f:id:rhinocero:20171212090048j:image
ホコリやゴミが舞い上がるのを防げます。

 

しかもおもしろいことに、この縦に長い形状のおかげか、ゴミが毛玉のようにくるくるまとまるのです。
f:id:rhinocero:20171212090106j:image
お目汚しですが、コロンコロンとこんな感じ。

 

そのため、サイクロン式ユニットにたまったゴミがとても捨てやすいです。

リョービ サイクロン式ユニットは、マキタにも使える!

このリョービのサイクロン式ユニットですが、なんと、大人気のマキタの掃除機にも使えるとのこと!

 

リョービのサイクロン式ユニットの本体との接続部分に、根元までしっかり何周かテープを巻くと、マキタにぴったりはまるサイズになるそう。
f:id:rhinocero:20171212090136j:image
剥がしやすく跡残りのしないマステが良いかも。

 

そしてこのユニット、じつは3〜4千円ほどで単品購入ができます。

マキタをお使いで、サイクロン式にしてみようという方(いらっしゃいますか?笑)、いかがでしょうか。

 

(※より詳細な情報は、「マキタ」「サイクロン式ユニット」で検索してみてくださいね。)

おわりに

リョービのサイクロン式ユニットについてご紹介しました。

これもあったのでわたしはあえてリョービを選んだ、といっても過言ではないくらいの付属品です。

 

こちらはあくまで簡易的なものなので、ダイソンのような「完璧な」サイクロン式にはなりません。

 

でも、紙パックタイプの掃除機ならば紙パックの使用を減らせますし、ダストカップ式ならば、ダストカップよりもゴミを捨てやすくできる。

 

集塵の様子を見ても、日常使いにはこの簡易さでも十分かなと感じています。

おまけのはなし

このリョービのサイクロン式ユニット。

紙パックの使用を少なくしてコストを減らすことができますが、ちょっと一手間加えて、お手入れの手間も減らせるということを知り、やってみています。

 

それについてはまた改めて。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。

error: Content is protected !!