断捨離の効果

【断捨離するのは何のため?】減ったものと、増えたもの。その先にある、いまのくらし。

きょうは、「二年間の断捨離で、減ったものと増えたもの。そしてその先にある、いまのわたしのくらし」について書いています。

わたしの断捨離の記録

わたしのくらし周りのすべてが書かれている手帳、モレスキン。

わが家は、2年前の2015年5月に、いま住んでいるこの中古戸建てに引っ越してきました。

引越しの翌月からモノを減らし始めた、そのときの記録がこの手帳に残っています。

in(買ったもの)と、out(捨てたもの)の数。手帳から一部集計します。

2015年6月~12月

  • in 123
  • out 518

2016年1月~7月

  • in 85
  • out 442

新しいものと古いものを入れ替えた場合もinとoutそれぞれカウントしていたので、思っていたよりinの数が多い印象。

それでもほぼ一年間で、買ったものの5倍ぐらいの数、捨てていたことになります。

減ったものと、増えたもの

こうして身の回りを整理してきて、

  • 家具、減りました。
  • 雑貨、減りました。
  • 食器も調理道具も減りました。
  • 洋服もアクセサリーもバッグも靴も減りました。
  • 自分にムチをいれながらがんばって繋がっていたような、苦しい人づきあいも減りました。

そうしたら、

  • すっきり、広々とした空間が増えました。
  • 何もしなくていい時間が増えました。
  • 自分が本当に大事にしたいことのために使えるお金が増えました。
  • 自分が本当に楽しいと思う人づきあいが増えました。

何のために減らすのか?

断捨離のはじまりはただ単に、「モノを減らしたくて仕方がなかった」から。

そうしていろんなモノやコトを手放すうちに、だんだん自分がどうしてモノを減らしたくて仕方がなかったかがわかってきました。

時間、空間、お金を、自分が大切にしたいモノやコトに、より多く割り当てるためです。

そして、まいにちを自由に、ごきげんにくらすためです。

そして、いまのわたしのくらし

いろいろなモノやコトを手放してきて、いま。

ゴリゴリ掃除しなくても、部屋はいつもそこそこキレイです。

デコレーションやコーディネートを考えなくても、すっきり感が気持ちいいインテリアになっています。

簡単なものをさっと作って食器にぱっと盛るだけで、そこそこ美味しそうに見えるようになっています。

ハンガーから取って着るだけで、自分らしく気持ちよく過ごせるワードローブになっています。

思い立ったらさっと旅に出られるようになっています。

ゆる〜く繋がった人たちと、たのしい時間を共有できる関係を持てています。

まいにちを自由に、
ごきげんにくらしています。

▼人間関係、手放しました。
【人間関係の断捨離】ひとづきあいを手放して、からっぽになったら、起こったこと。 – すっきり、さっぱり。

▼断捨離へのこだわりも、手放します。
これが断捨離疲れなの?断捨離、わりとどうでもいい感じ。いっそ、こだわりとがむしゃらさを手放して、自然の流れにまかせよう。 – すっきり、さっぱり。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。