断捨離したもの、こと

薄手コートをすべて処分してみました。コートと一緒に思い込みを手放す。

ぐっと寒くなってきました。

 

季節はあっという間に過ぎて行きます。
つい最近まで、夏日すらあったのに、ここのところは「12月中旬の気温」だとか。

 

この時期、着るものの調整がほんとうに難しいです。

6枚もあった!薄手のコート

季節の変わり目に羽織る薄手のコートやジャケット。

じつは去年まで、素材もかたちも色も、様々なバリエーションで、6枚も持っていました。

なのにこの時期いつも、「着るものがない!」と不満たらたら。

  • …このジャケットは、ニットの上には袖がきつくなるから着られない。
  • …あのコートは丈が短めだから、下に着ているカーディガンの裾が出ちゃうから着られない。
  • …あのニットコートは、先週までだったらまだよかったけど、今週はあれを着るにはもう寒すぎて合わない。

 

鏡をみて、こんなことばかり考えては、つぎつぎ新しいものを追加して買っていました。

 

思い切って、やめてみた

去年の秋のおわり、こんなにあるコートをやっぱり結局使わなかったので、思いきって6枚全部処分しました。

 

買取に出せるものは出し、値段がつきそうにないものはゴミ袋に詰めて捨てる。

 

どれもほぼ使ってなかったのに…。

 

ほとんどゴミ、買取だってやはり二束三文です。

 

使いもしないで溜め込んできたものを処分するときは、毎回こころが痛みます…。
お金にもモノにも、ごめんなさい。

 

でも、いちどしっかり痛みを感じないと、変わらない。

 

「持ったまま」では動けない!と自分に言い聞かせています。

冬コートまで、これひとつで。

薄手コートなしで迎えたこの11月。

 

ここ数日、12月中旬の気温だという寒さですが、これ一枚で十分しのげています。

 

クリッパン×ミナペルホネンの大判ウールストール、「Bosquet」
f:id:rhinocero:20161111170731j:imageふわっとしたウール100%。f:id:rhinocero:20161111171446j:image
大判だから、広げて肩から掛ければ、下手なコートよりあたたかいぐらいです。

 

下に何を着ていようと、それがどんな厚さでどんな丈だろうと、ストールなら関係なし。

 

使わないときにはたたんでバッグに入れておけばいいので、いつも持って出ます。

 

薄手のコートという、わたしには使いこなせなかったアイテムをやめてストール一枚にかえたら、なんのことはない。

 

とてもすっきりしました。

「思い込み」もやめた

それにしても、何を着るか、何をあわせるか、迷うことがないというのはこんなにもラクなんですね!

 

季節の変わり目にはその時期用のコートが必要という思い込みを手放したら、クローゼットも気持ちも軽くなりました。

 

とりのぞける迷いは、少しずつ減らして、くらしを軽くしていきたいです。