かんたん料理

にんにく・しょうが 調理のつど毎回みじん切り? ラクできる方法があります!

昨日のお昼の台所から。

今回も、スキマ時間で家事の貯金をします。

山本電気 フードプロセッサー 「マスターカット」

断舎離の過程で処分する人も多い、フードプロセッサー。
f:id:rhinocero:20161010001815j:plain
わたしも一時期、「なくてもいいな」と考えたときがありましたが、いまでも便利に使っています。

ものの数としては多くなりますが、家事にかかる労力を減らすのを助けてくれる。

わたしがミニマムにすべきは、ものの数ではなく、自分のくらしにかかる余分な労力や時間。

だからこれについては手元に残し、ありがたく便利に使っています。

ずぼらなわたしが助けてもらっているのはこれ。

山本電機というモーターのメーカーさんがつくったフードプロセッサー。

フードプロセッサー 「マスターカット」のいいところ4つ

  • 食品を入れる部分がステンレス製。
  • 刃を付け替えることなくミキサーとして使ったり、生地のこねなどもできる。
  • モーターがパワフルなので、長時間まわしても焼き切れたりしない。
  • シンプルなのに多機能かつパワフル。

パワフルなのにコンパクトで、しかも清潔に使えるのでとても満足しています。

「マスターカット」で便利ににんにく生姜

この便利なフードプロセッサー で、料理に便利な「にんにくとしょうがの酒漬」を作ります。

①しょうがは皮をよく洗って皮のままぶつ切り、にんにくは皮をむいておく。

どうせやるなら、一個まるごとやっちゃう。
ひとかけらだけでも、半分でも、一個まるまるでも、一度にかかる手間はそう変わりません。
せっかくだからまとめて。
f:id:rhinocero:20161010002207j:plain
今回はたまたましょうがが二つあったので、しょうが丸ごと二つと、にんにくまるごと一個を全部使っちゃいます。

②ぶつ切りしたしょうがをステンレスカップに投入。
ガーっとします。
f:id:rhinocero:20161010002251j:plain
あっという間に大量のみじん切り。

③同じように、にんにくもガーっとします。

④保存容器に②と③をいれ、料理酒をひたひたに注ぎます。料理酒はなんでも。
f:id:rhinocero:20161010002348j:plain
わたしはいつも使っているお買い得のミツカン料理酒で。

⑤ふせんに日付と内容を書いて蓋に貼っておきます。
f:id:rhinocero:20161010002430j:plain
できあがり。

※ときどきにんにくの成分で全体が青く変色することがありますが、酒の成分に反応しているだけなので、まったく問題なく使えます。

この「にんにく・しょうが酒漬」、冷蔵庫にいれてひとつきはもちます。
でも、便利でよく使うので、いつも消費にひとつきもかかりません。

使い方は通常の調理手順とおなじ。
弱火で熱した油に、水気を切ったにんにく・しょうがを投入し、香りがたつまでじっくり炒めるだけです。

これがあれば、

  • 麻婆豆腐でも
  • 焼肉でも
  • 豚の生姜焼きでも
  • ミートソースでも

手軽にできる。

おわりに

いろんな料理の風味づけにちょっとずつ使いたいにんにくや生姜。

今回のこのやり方なら、
つくるのもラク
保存もラク
使うときもラク。

よろしければおためしください!

follow us in feedly