下諏訪

上諏訪 リビセン 「その人」がつまった本棚

f:id:rhinocero:20160924070617j:plain


ペチカストーブの真上、図書スペース。


古材と箱で本棚ができていた。


部屋にあった段ボール箱のなかには本がぎっしり!アズノさんとカナコさんが読んできた本なのだそう。これを本棚に収めていく。


アズノさんの作品が載っている書籍や雑誌はもちろん、

デザイン、

アート、

建築法例集、

フード関係から

絵本まである。

本って、その人自身をかたちづくってきたもの、その人自身を如実に表すものなんだとつくづく思う。

この本棚には、アズノさん夫妻をリビセンまで導いてきた道のりの記録が、いっぱいに詰まってる。大切につくられた本棚に収められた、大切な本。この光景の美しさといったらない。

翻って、わたしの本棚。

いろいろ削ぎ落とすなかで、いま、わたしの本は数冊だけ。本棚は持っていない。

これが、いまのわたし。

カラッポだから、なんだってはいっちゃうな!