ファッション

580円で冬を乗り切る! 安くて優秀、しまむらの「毛玉になりにくい あったか裏起毛タイツ」。

きょうは、「安くて優秀! しまむらの、あったか裏起毛タイツ」について書いています。

冬もミニマムに、ワンピース3枚で

週に三日、パートで事務仕事をしていますが、ふだん着ている洋服の数は比較的少ないと思います。

春夏から秋口までは、アウトドアブランド、ノースフェイスのチノパンツ二枚でまわしています。

丈夫で、涼しくて、動きやすく、洗ってもすぐ乾き、本当に使いやすいので、まいにちまいにち交互に履いています。

ただ、冬になると、さすがにこれでは寒いのです。

パンツの下にタイツやスパッツを履いてもいいのですが、そうするとシルエットはどうしてももっさりするし、おなか周りが窮屈で窮屈で…。

ということで、冬はワンピースで過ごすことにしています。

ワンピースなら、重ね着、重ねばきしてももたつきにくく、おなか周りも苦しくない(大事)。

使っているのは、こちらの3枚。

今年もこの3枚で行きます!

しまむら「毛玉になりにくいあったか裏起毛タイツ」

ここのところ急激に寒くなり、わたし的にはワンピースを着る季節になってきました。

あわてて今年も買ったもの。

しまむらの「毛玉になりにくい あったか裏起毛タイツ」。

商品タグ、裏面の写真。

ここに書かれているように、生地がほんとうに柔らかく、すべすべしています。

肌に当たる側は、ふわっと起毛しています。

しまむらの「ファイバーヒート」という、高機能素材シリーズです。

これ、昨年も使っていたのですが、丈夫で肌触りも滑らかで、こすれやすいつま先やかかと部分もほんとうに毛玉になりにくく、ワンシーズンしっかり使い通すことができました。

なのに、この値段。

一足580円(税込)。

透け感なく、暖かく、でももたもたシワシワしないぐらいの厚みが好きなので、120デニール。

売り場には、たしか80デニールから240デニールまで、いろんな厚みがありました。

わたしが購入したのは、濃いグレー。

他に、黒、ネイビー、ワイン、グリーンなどがありました。

バリエーションで、スパッツやトレンカ、着圧タイプも。

おわりに

昨年は、しまむらのこのタイツと一緒に、無印のタイツも履いていました。

同じくシーズン最初に購入していたのですが、あっという間に毛玉になり、クロッチ部分も薄くなって、結局ワンシーズン使いきれませんでした。

無印の方が、よりナチュラルなコットン素材メインなので仕方ないのですが、リピートはナシ。

一方、今年もリピート、しまむらの「毛玉になりにくい あったか裏起毛タイツ」は、

  • なめらか素材
  • ふわっと裏起毛
  • 毛玉になりにくい
  • 丈夫でワンシーズン使いきれる
  • デニールいろいろ
  • カラーもいろいろ
  • たったの580円

と、なかなか優秀な冬アイテムです。

▼寒くなると、バッグはこちらにスイッチ。

▼寒くなると、シューズはこちらにスイッチ。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。