食器

おすすめカトラリー、漆のスプーン! 食べやすく、扱いやすく、合わせやすい。

使いやすい、漆塗りのスプーン

わが家で愛用している漆塗りのどんぶり。

それとセットで使っている、同じく漆塗りのスプーンがとても使いやすいのでご紹介します。

漆塗りのスプーン

わたしはうるし塗りの手触りや口当たりが大好きです。

 

スプーンは、料理に合わせて漆のものも使っています。
f:id:rhinocero:20180321105212j:image
以前の写真から、15年ほど前に購入した朱塗りのもの。

 

残念なことにこちら、口に入る部分が大きく厚みもあり口当たりがイマイチで、正直あまり使いごこちは良くありませんでした。

 

いま使っているのはこちら。
f:id:rhinocero:20180321104605j:image
すっきりと細長い形で口にすっと入り、口当たりがなめらかです。

 

わが家の大定番、柳宗理のテーブルスプーンと。
f:id:rhinocero:20180321110656j:image
f:id:rhinocero:20180321110710j:image
漆とステンレスというだけでも口に入った時の感触が違いますし、口に入る部分の形状で口当たりもずいぶん変わってきます。

 

漆のどんぶりに添えて、丼ものに。
f:id:rhinocero:20180321111214j:image

 

休日の朝、圧力鍋でカンタンに作るお粥に。
f:id:rhinocero:20180321111923j:image

 

カレーやシチューといった洋風なものにはあまり使いませんが、和食や中華などにはとても合う。

 

つるっと口に入ってきて、食べやすいです。

漆のスプーンは使いやすい!

漆のスプーンは、使いやすい。

かるい

木でできているだけあり、とてもかるいです。

扱いが楽

無垢の木や竹でできたカトラリーは、しっかり乾かさないとカビっぽくなったりしますが、漆塗りはそれがありません。

ほかの食器と合いやすい

「溜め」と言われるこっくりした飴色は、わが家で使っている飴釉の食器や漆のどんぶり、汁椀にも良く合います。

 

飴釉の皿や鉢
f:id:rhinocero:20180321112510j:image

 

浄法寺塗りのお椀
f:id:rhinocero:20180321112609j:image

 

会津塗の片口
f:id:rhinocero:20180321112750j:image

 

うるしのどんぶり
f:id:rhinocero:20180321112827j:image
イメージにとらわれず、そのほかの器にもなんでも合わせて使っています。

 

口当たりなめらかで、口に入る部分がすっとしていて食べやすい。

 

うるし塗りのスプーン、大好きです。

 

▼こちらのショップで購入しました。漆塗りとひとくちにいっても、おおきさ、かたち、いろんなスプーンがあります。

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。