食器

東屋のジューサーをお酢入れに。焼きそば、鍋物、シュウマイ、餃子のおともにしています。

東屋のジューサーをお酢さしとして使う

昨日の「醤油さし」記事のおまけ編。

きょうはわが家で使っている「お酢入れ」についてです。

「お酢入れ」どうしてる?

わが家はみんな、酸味好き。

 

鉄フライパンでカリカリに焼いた焼きそばの上に、冷蔵庫の残り野菜とお肉で作ったあんをのせた、かた焼き風あんかけ焼きそば。
f:id:rhinocero:20180118163202j:image
これには、お酢を掛けたいのです。

 

ストウブの平鍋に敷き詰めたざく切りの白菜をすのこがわりに、蒸したシュウマイ。
f:id:rhinocero:20180118163310j:image
これは、酢醤油必須!

 

ふるさと納税でもらったカニでお鍋。
f:id:rhinocero:20180118163420j:image
鍋つゆに変化を加えたくなったら、庭のゆずを絞った果汁を入れてさっぱりと。

 

でも、こういったものをテーブルに出すには、醤油差しがわりに使っている漆の片口では小さすぎるのです。
f:id:rhinocero:20180118171011j:image
なにしろ30mlそこそこしか容量がないので…。

東屋 ジューサーをお酢いれに

そんな時には、コレを使っています。
f:id:rhinocero:20180118163813j:image
東屋のジューサーです。

上の部分で、果汁を絞ることができます。
f:id:rhinocero:20180118163756j:image
きっちり。

 

上の部分をカパっと外すと、取っ手付きの片口に。
f:id:rhinocero:20180118164003j:image
絞ったゆず果汁の種を除き、テーブルへ出してカニ鍋のお供にしました。

 

そして、上のジューサー部分は使わず、そのままお酢を入れて使うことも。
f:id:rhinocero:20180118164205j:image
焼きそばに掛けたり!

 

お酢と醤油を半々に合わせて出せば、シュウマイや餃子用の酢醤油に。

 

容量も、適量160ml程度と4人分の食事にちょうどよく、使いやすいです。

おわりに

このジューサーを作っている東屋さんには、ちゃんと専用の「醤油さし」「お酢いれ」もあります。

 

こっちが「醤油さし」。

こっちが、「お酢入れ」。

どちらも液だれなく、すっきり注げると評判らしいです。

 

かたちが微妙に違うので、中身の特性によって形状を変えているのかな。

 

でも、わが家には「ジューサー」ひとつで十分すぎるほど十分。

  • お酢をいつも使うわけではないし、
  • 調味料の専用の容器の数が増えるのは管理がめんどくさいし、
  • 何より、ジューサーは柔軟にいろんな使い方ができる。

わが家に「ちょうどいい」道具です。

 

▼もちろんジューサーとしても!ふるさと納税でもらったオレンジを絞って、フレッシュジュースにしました。

▼ジューサーとしてはもちろん、お酢入れ、つゆ入れ、タレ入れ、ドレッシング入れ、コーヒー紅茶用ミルク入れ…。いろいろ使える!

▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 – すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 – すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! – すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 – すっきり、さっぱり。