読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっきり、さっぱり。

まいにちを自由に、ごきげんにくらす。

【年中部屋干しOK!】「ホスクリーン」で、邪魔にならない室内干しスペースを確保しています。

洗濯もの、寒い冬は外に出していてもなかなか乾かないこともあります。



梅雨の時期は、そもそも外に出せない日も多いですね。

デッドスペースに室内物干し

わが家では、家のなかで邪魔になりにくいところに、おあつらえ向きの室内干しスペースを確保しました。

階段上のデッドスペースに室内物干し

階段の上の天井です。




夫婦の寝室入り口から見たところ。
奥に見えるのが息子の部屋、左側に降りていくのが階段です。



その階段上、二階の廊下に沿った壁の上半分がオープンになっているので、その天井に室内物干しを取り付けています。

昇降式の室内物干し



上げ下げ可能で省スペース

いちばん隅についているリングにハンドルをひっかけて回すと、物干し部分が昇降します。

ハンドルを回すと、物干し部分が昇降

使わない時は上げてしまっておけます。




ハンドルは長くて、置いておくと邪魔。

掃除道具、室内干し昇降ハンドルを吊るして収納

階段向こうの壁にイケアのバーを付けて、掃除道具類と一緒にひっかけてあります。




こっちを見ている青いのは、ふとんたたきです(笑)。



道具のちからで、年中気軽に

通常洗濯物を干しているベランダは、日当たりが良すぎるので、色の濃いものはすぐに色が褪せてしまいます。



色褪せが心配なものは、一年中こちらへ。




階段上の大きくあいたスペースだからか空気のながれも結構あるようで、ここに干しておくとシーツやベッドパッドも乾きがいいです。
www.n00life.com
もともと乾きのはやい「パシーマ」、ここに干せば真冬でもさっと乾きます。






冬の寒さ

春の花粉

梅雨の長雨

夏の直射日光




洗濯ものを外に出しにくい状況は年間通して結構多いですが、生活空間を妨げることなく室内干しができることで洗濯のハードルが下がり、気持ちも楽にしてくれます。



道具のちからをかりています。




▼わが家でつかっているのは、昇降式のタイプ。


▼でもどうせ目立たず邪魔にならない場所だったんだから、こっちでもよかったような…。

圧倒的にこちらのほうが安い!



※どちらも、天井の内部に下地があるところでないと取付ができませんので、確認が必要です。ご注意を!