読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっきり、さっぱり。

くらしを整理し、こころを整理し、人生を整理する

【鎌倉ゲストハウス】みんなが自然とあつまってくる、囲炉裏とコタツのあるレトロなリビング。

12月28日〜29日
鎌倉ひとり旅


▼知る人ぞ知る鎌倉の人気カフェ、「カフェテラス樹ガーデン」にようやく辿り着いたお話はこちら。


カフェを出て、夕闇のなか30分ほど歩き、ようやくこの日の宿、「鎌倉ゲストハウス」に着きました。



いちにち歩ききった!

「鎌倉ゲストハウス」

灯りを見つけるとほっとします。


中はレトロで落ち着く空間。


コタツとボンボン時計のあるリビング。



そしてこのゲストハウスは、何と言ってもコレ!

囲炉裏があり、炭火の上で鉄瓶にお湯が沸いています。



みんなやっぱり自然にここに集まって来ていました。
炎の力はすごい。



二階へ。

女性用ドミトリー、トイレ、洗面所あり。

和布団を敷く。
ふわっとしつつ適度な硬さで気持ちいいです!



素泊まり、一泊3500円。



さすがに朝からいちにち歩き疲れて眠くなっちゃったので、一階でさっさとシャワー浴びて寝ようかと思っていたのですが、サーファーのタカシさんが車を出して、銭湯へ連れて行ってくれました。

「鎌倉ゲストハウス」は、近くに銭湯はありません。車がないとすこし厳しい。
場所が場所なのでお風呂にはこだわらず、ゲストハウスの無料シャワーで済ませても十分だと思います。



テキサスからきたランドン、台湾からきたリン、横浜からバイクで来たゴーさん、サーファーのタカシさんと、「野田の湯(470円)」へ。




ランドンは人生初銭湯だったそうで、男性陣によると「アメージング!」と超絶気に入っていたらしい。
大きなお風呂、よかったねえ。




さて、ゲストハウスへ戻って夕食。
鎌倉ゲストハウスは、地下にカフェバーがあります。

メニューは、エビとアボカドのオムレツや、タコライス、グリルチキンプレート、アヒージョなど、全体的にカフェ!といったオシャレな雰囲気。




二杯ほど飲んでリビングに戻ると、囲炉裏はこんな状態。

シシャモ!




この宿は、フリーお芋。

共用キッチンにお芋が置いてあり、好きなだけ囲炉裏で焼いて食べてOKなんです。
これもみんな食べてた。




こちら、ゲストハウスには珍しく、コーヒーや紅茶のフリードリンクはなく、緑茶のみ。
必要な人はご持参を〜。




みんなで囲炉裏のまわりでワイワイしてたんだけど、本気で意識がとびとびになるほど眠かったので、布団に潜り込みました。




翌日のことはまったくのノープラン。
明日のことは明日考えよう。



23時就寝。



つづきます。



▼旅のたのしみ、いろいろ!(トラコミュ)
にほんブログ村テーマ 美味しいものなんでも大好きグルメなコミュへ
美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ
にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局
にほんブログ村テーマ 観光&地域の情報へ
観光&地域の情報

▼ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村


断捨離ランキングへ