読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっきり、さっぱり。

くらしを整理し、こころを整理し、人生を整理する

娘はじめての一人旅チャレンジと、息子からのまさかのねぎらいのことば。それぞれの成長を感じた正月でした。

年末31日から年明け1日まで、わたしの田舎へ短い帰省。



1月2日には、こんどは義実家のほうに義兄弟家族で集まる予定でしたので、1日の夜中にわたしの実家をでて、高速道路を飛ばして自宅へ戻ってきました。


中学生の娘の成長

じつは、中学生の娘だけはまだわたしの実家に残っています。



不思議と昔から、わたしの母に妙に懐いている娘。
もうちょっといっしょにいたいと、ひとりでわたしの実家に残りました。



頃合いを見て、自分で新幹線と電車を乗り継いで帰ってくるそうです。



なかなかの方向音痴に加え、もともと気が回るタイプではないので、どうなることか心配でもあり、何が起きるか楽しみでもあります。



はじめてひとりで、しかも交通機関を乗り継いで帰ることになってでも、もうしばらく残りたい。



ちいさなことではありますが、娘が自分で選択し、決心できたことに、彼女の成長を感じました。

高校生の息子の成長

背丈はすでに夫を抜いた、高校生の息子。
ひとりでゆったり目に座りたいのと、車の運転にも興味があるようで、最近は、車に乗るときには助手席に座るようになりました。



今回、実家から戻るときも、わたしがリアシートに座り、息子が助手席に。



夜中出発でしかも長丁場のドライブでしたので、途中時々目が覚めながらもウトウト眠っている息子の後ろ姿を、リアシートから見ていました。



高速道路を降り、一般道を10分ほど走ると自宅に着きます。
一般道でスピードが落ち、走行のリズムが変わったのを感じたのか、息子が目を覚ましました。



周りの景色を見て、自宅が近いことに気づいた息子が、運転席の夫に声を掛けました。






「おつかれさま〜」






…息子よ、すごいな!
いつのまに、君はそんなことが言えるようになったのだ!



こちらもちいさなことですが、彼の大きな成長を感じました。


ふつうの毎日を大切に

思いがけず、子供達の成長を感じることのできた新年のはじめとなりました。



きょうで、お正月三が日も終わり。



スタートを切ったあたらしい一年。
ふつうのまいにちをありがたがりながら、大切に過ごしていきたいと思います。



▼あたらしい年も、いい年に!(トラコミュ)
にほんブログ村テーマ 暮らしを楽しむへ
暮らしを楽しむ
にほんブログ村テーマ シンプルでナチュラルな生活へ
シンプルでナチュラルな生活
にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

▼ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村


断捨離ランキングへ