すっきり、さっぱり。

まいにちを自由に、ごきげんにくらす。

【キッチン断捨離】手放して大正解だったもの6つ!なくしたら、むしろはかどっています。

スポンサーリンク

きょうは、「わが家のキッチンからなくして良かったもの6つ!どれも、ない方が断然はかどってます」について書いています。

まな板立てはありません

よくあるスタンド式のまな板立ては、まな板を立てている時も立てていない時もキッチンスペースをジャマするので、好きではありません。


まな板は、水切りかごの上の吊り戸棚に引っ掛けたバスケットに入れています。

邪魔にならず、湿気が溜まることもなく、まな板をすっきり収納できます。

キッチンツールスタンドはありません

以前は、コンロ横にステンレス製の円筒形のスタンドを置いて、ツール類を立てていました。油ですぐにベタつき、掃除が手間でした。


いまは、一番手に取りやすいコンロ横の引き出しに、ざっくり分類して入れています。

引き出しを開けるという手間は増えたのかもしれませんが、ベタベタを掃除する手間に比べればはるかにマシです。

三角コーナーはありません

三角コーナーを置くとシンクが狭くなるし、三角コーナー自体にぬめりもつくしで、いいことなし。


キッチンツールを引き出しにしまうようにしたため、使わなくなったステンレス製のツールスタンドにビニール袋をかけ、調理で出る生ゴミ入れにしています。

毎晩、片付けの最後にビニール袋の口を縛り、外のゴミ箱に出しています。

排水口バスケットはありません

ニオイやぬめりの元になる排水口バスケット自体を、断捨離です。


排水口にぴったりサイズのリングに専用袋をかけるだけの、「バスケットいらず」という製品を使っています。

毎晩、袋を新しいものにかえて、片付けは終わり。


排水口バスケットを洗う手間と、時間と、気持ちの重さを手放しています。

シンク洗い専用のブラシはありません

以前は、シンク洗い専用のブラシをひとつ用意していました。


いまは、排水口に取り付けているバスケットいらずの袋をかえる際、新しい袋を手にはめて食器洗い洗剤を垂らし、それでシンクをこすっています。

その袋をそのまま排水口に取り付けて終了。


シンク洗い専用のブラシをなくしても、まったく困りません。

スポンジラックはありません

以前は、食器洗い用のスポンジとシンクを洗う用のブラシを陶器製のいれものに入れ、蛇口脇に置いていました。


シンク洗い専用ブラシを断捨離したので、いまはこのシンプルなトレーに、食器洗い用のスポンジネットだけを置いています。

傾斜で自然に水が流れて水切りできるので、すっきりです。

わが家のキッチンにないものまとめ

  1. まな板立て
  2. キッチンツールスタンド
  3. 三角コーナー
  4. 排水口バスケット
  5. シンク洗い用ブラシ
  6. スポンジラック


どれも、無いほうがキッチンがスッキリし、掃除がラクになり、ふだんから清潔を保ちやすく、台所仕事の効率も断然よくなります。

無くて、むしろはかどっています。


▼キッチンシンプル化の鍵になっている、「バスケットいらず」。もはや、排水口バスケットの存在意義がわからなくなりました。


▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 - すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 - すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! - すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 - すっきり、さっぱり。